投手陣が5本塁打を浴びるなど巨人打線を抑えられず敗戦

■巨人 9-4 DeNA(20日・横浜)

 DeNAは20日、本拠地・横浜スタジアムで行われた巨人戦に4-9で敗れた。投手陣が5本塁打を浴び9失点を喫し、打線は4点を奪ったが、5安打と攻撃が機能しなかった。

 首位との直接対決に敗れてゲーム差は4に広がり、巨人の優勝マジック「2」となった。21日の試合に敗れれば巨人の優勝が決めるが、ラミレス監督は「我々は勝つためにしっかり準備をするだけ」と平静を装った。

 先発の平良が初回に坂本に2ラン本塁打を打たれ、その後も失点を重ねて4回途中で降板。ラミレス監督は「ストレートの球速は出ていたし、スライダーもよかった。状態は悪くなかったが、重要なところで失投があって初回に失点した」と分析したが、「2回の失点は余計だった。2アウトピッチャーの山口を追い込んでから四球を与え、亀井に打たれた。抑えられた失点だった」と、同点に追いついた直後の失点を悔やんだ

 2番手以降の投手も巨人打線の勢いを止められなかったが「リリーフ陣が疲れているというよりは、今日は巨人の打者が一枚上手だった」と、相手打線を称えた。

 欠場した筒香に関しては「今日は代打でも使うつもりはなかった」とし、「明日はなんとか試合に出られる状態になれば」と回復を期待した。最後に1軍登録される予定だった楠本の名前がメンバー表になかったことを問われると、指揮官は「事務的なミス。明日は必ず登録するために、今日これから準備するよ」と周囲を笑わせたが、21日の直接対決に敗れると、巨人のリーグ優勝が決定する。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】