ASUS JAPAN9月19日、「TUF GAMING」シリーズより、ゲーミング液晶ディスプレイ(3モデル)を発表した。価格はオープン
○ROG SWIFT PG35VQ

ROG SWIFT PG35VQは、アスペクト比21:9の35型ウルトラワイド液晶ディスプレイ9月20日の発売。

曲率1,800Rの湾曲型で、ディスプレイには視野角の広い非光沢(ノングレア)VAパネルを採用した。解像度は3,440×1,440ドット。リフレッシュレートは200Hzと高速で、色域はDCI-P3を90%カバーする。

NVIDIA G-SYNCやHDR 10に対応し、DisplayHDR 1000規格も取得している。液晶パネルの技術として、512の独立したゾーンダイナミックに制御するフルアレイローカルディミングLEDバックライトを搭載。それぞれのゾーンで1,000nitsの高いピーク輝度を備える。

音響面ではDACに「ESS 9018」を搭載し、24bit/96kHzロスレス再生に対応。Hi-Fiグレードのヘッドホンアンプ機能を持ち、広いダイナミックレンジと歪みのないサウンドを出力するとしている。

そのほか主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が500cd/平方メートルコントラスト比が2,500:1(ASCRオン時500,000:1)、応答速度が2ms(GTG)。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1。

スタンドは、チルト角度が上21度~下6度、スイーベルが左右各35度、高さ調整が100mM。USB 3.0ポート×2基を備え、VESAマウント100mmに対応する。本体サイズはW833×D306×H449~549mm、重さは13.6kg(スタンド含む)。
TUF GAMING VG32VQ

TUF GAMING VG32VQは、アスペクト比16:9の31.5型モデル9月20日発売。

曲率1,800Rの湾曲型で、解像度は2,560×1,440ドット。液晶パネルには非光沢(ノングレア)のVA方式を採用している。

機能面では、HDR 10とAMD FreeSyncに対応。「EXTREME LOW MOTION BLUR SYNC」は、ELMB(モーションブラー低減技術)とAMD FreeSyncを同時に利用でき、ブレやちらつきをより抑える。ゲーミングに関する「Shadow Boost」テクノロジーでは、明るい部分を明るくし過ぎず、暗い部分をはっきりとさせることで、暗い場所に隠れている敵を見つけやすくする。

そのほか主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が400cd/平方メートルコントラスト比が3,000:1、応答速度が1ms(MPRT)。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2×1。スタンドは、チルト角度が上20度~下5度、高さ調整が140mm。VESAマウント100mmに対応する。本体サイズはW713×D233×H440~580mm、重さは9.13kg(スタンド含む)。
TUF GAMING VG27AQ

TUF GAMING VG27AQは、アスペクト比16:9フラット型27インチモデル10月末の発売予定となっている。

解像度は2,560×1,440ドットで、液晶パネルは非光沢(ノングレア)のIPS方式。色域はsRGB 99%をカバーする。リフレッシュレートは165Hzで、NVIDIA G-SYNCに対応。搭載する高画質機能は「TUF GAMING VG32VQ」とほぼ共通。

主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が350cd/平方メートルコントラスト比が1,000:1、応答速度が1ms(MPRT)。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2×1。

スタンドは、チルト角度が上33度~下5度、スイーベルが左右各90度、高さ調整が130mm、ピボットにも対応する。VESAマウント100mmに対応し、本体サイズはW620×D211×H377~507mm、重さは5.8kg(スタンド含む)。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース