人気アニメ名探偵コナン」のスペシャルエピソードが、2020年1月に4週連続で放送されることが決定した。

スペシャルエピソードの脚本は、劇場版名探偵コナン から紅の恋歌」「名探偵コナン 紺青の拳」の脚本も手がけたミステリー作家・大倉崇裕氏による書き下ろし。映画「大怪獣ゴメラ対仮面ヤイバー」の製作発表会に招待され、大阪の日売テレビを訪れた主人公江戸川コナンらが、プロデューサーの殺害事件に遭遇してしまい、関西を舞台に本格的な推理を繰り広げるという。大阪城大阪城公園日売テレビモデルである読売テレビの新社屋といった、関西のランドマークが多数登場し、関西が舞台ということから、コナンこと工藤新一ライバルで、大阪在住の高校生探偵・服部平次の登場も期待される。

また、特撮映画のポスターを思わせるティザービジュアルも公開された。大阪城シルエットとともに、作中で子どもたちに絶大な人気を誇る特撮番組「仮面ヤイバー」と「大怪獣ゴメラ」の2大ロゴが描かれており、両雄の激突が示唆されている。

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996