岸田は通算432試合に登板し44勝30敗、63ホールド、63セーブ防御率2.99

 オリックス岸田護投手は20日に京セラドームで会見を行い、今季限りでの引退を表明。プロ14年目のベテラン右腕は「悔いがないと言えばゼロではないが、やり切ったという気持ちはある」と語った。

 岸田はプロ14年で通算432試合に登板し44勝30敗、63ホールド、63セーブ防御率2.99の成績を残した。先発、リリーフとフル回転しチームを牽引。今季はここまで1軍登板がなく「怪我ばっかりだった。すっきりしている」と引退の理由を口にしていた。

 今季最終戦となる9月29日ソフトバンク戦で引退試合とセレモニーが行われる。

パ・リーグ

オリックス
岸田護 現役引退(Full-Count編集部)

引退会見に臨んだオリックス・岸田護【写真:橋本健吾】