台風17号が発生し3連休は雨に見舞われる日本となりそうですが、未だに台風15号の爪痕が残る被災地も。千葉県ではボランティアを募集していますが、「屋根に登ってのブルーシート張り」の供給が追いついていないということで、専門技術を持った人材を募集しています。しかし、このボランティアの募集に対しネット上で炎上する事態となりました。

専門技術を持っているボランティアを募集

現在のボランティアニーズは、「屋根に登ってのブルーシート張り」が非常に多くなっています。しかしながら、屋根に登っての作業は危険が伴いますので、屋根職・鳶職等の経験者で屋根・外壁等の養生ができる人に限定して派遣しています。

引用 https://chiba.shienp.net/501

業者にお願いする場合、作業までに時間がかかってしまうことから専門技術を持った人材のボランティア自治体が募集することとなりました。

かしこボランティアの募集に対しネットが炎上する事態となったのです。

「危険な仕事ですよ。」「これは、復興事業としてしっかりと契約して進めるべき」「業者に発注するべきものだと」「専門家には正式な業務委託をするべきです」とコメントも。

ブルーシート詐欺などもあったことから安易に自分で業者にお願いするのも危険な状態となっていますが、経済をしっかりと動かすためにも専門技術が必要な仕事には対価を支払うべきだという声が多く聞かれました。

画像掲載元 写真AC



画像が見られない場合はこちら
台風被害の千葉県がボランティア募集!ネット民「専門技術者にタダ働きさせる気か!」と炎上!