CLクラブブルージュ戦でフル出場 後半37分にゴールを脅かすミドルシュートが炸裂

 日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライトルコ)は現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1戦のクラブブルージュ(ベルギー)戦で0-0と引き分けた。敵地で先発フル出場した長友が強烈な無回転ミドルシュートを放ち、イタリアメディアも「センセーショナルなゴール未遂」と伝えている。

 左サイドバックに入った長友は、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオらとともに先発。ガラタサライは思うようにチャンスを作れない時間が続いた一方、ピンチの場面ではウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラの好セーブで難を逃れた。

 終盤の後半37分には、こぼれ球を拾った長友が思い切りよく右足を一閃。相手ペナルティーエリア外から放たれた無回転の強烈なミドルシュートゴールを強襲した。これは惜しくも枠の左へ逸れたが、見せ場を作り出している。

 試合は0-0のドローに終わったものの、イタリアメディア「Periodico Daily」のスポーツ専門セクション「Daily Sport」は、「82分、元インテルプレーヤーの長友がセンセーショナルなゴール未遂」と、得点の匂いを感じさせたことを伝えた。

 長友は試合後、自身の公式インスタグラムに「アンセムはいつでも心に響く」と綴り、2年連続のCL出場に興奮を覚えた様子。33歳となった今も長友は全力でピッチを走り続けている。(Football ZONE web編集部)

ミドルシュートを放ったガラタサライDF長友【写真:AP】