板垣瑞生の初主演映画「初恋ロスタイム」が9月20日に公開初日を迎え、板垣をはじめ、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督が舞台あいさつに立った。

【写真を見る】4人は登壇途中で突然そろって静止。劇中に登場する世界のあらゆるものが静止する現象=ロスタイム現象を再現した

4人は登壇途中で突然そろって静止。劇中に登場する世界のあらゆるものが静止する現象=ロスタイム現象の再現を見せた。

板垣は「今日この日を迎えられて本当に幸せに思っています。楽しい時間にしましょう」、初の映像作品となる吉柳は「待ち望んでいた初日をこうして皆さまと一緒に迎えることができて幸せです」と、共に初々しくあいさつ

また、竹内は「板垣くんの初主演映画、吉柳さんの初映像作品と、二人の“初めて”に立ち会えて幸せな気持ちです。」と、河合監督も「ようやくこの初日を迎えることができました。たくさんの人に見てもらえて感無量です」とそれぞれ語った。

初日を迎えた気持ちを聞かれ、板垣は「本当にありがとうございます! すてきな共演者の方々とご一緒できて、改めて良かったと思えました。いろんな経験をさせていただけましたし、(映画を見て)少しでも日常生活が楽しくなったなと思っていただければうれしいです!」と笑顔でコメント

吉柳は「撮影初日の時は、自分にできるのだろうかという緊張と、これからどうなっていくんだろうという不安もあったのですが、前向きで明るくて自分の意思をちゃんと持っている子の役だったので、背中を押してもらいながら前向きに取り組めました」と15歳とは思えないしっかりとしたコメントを聞かせ、板垣と竹内を感心させた。

板垣と吉柳との共演については、竹内が「吉柳さんは初映像作品ですよね? 僕が初映像作品に出た時はもっとやばかったですよ! ドラマ仮面ライダードライブ』の変身のシーンで力入れすぎて、体を反っちゃってたんですよ!」と語り、会場を笑いに包んだ。

続けて「でも、吉柳さんは現場ではすごく堂々としていたし、撮影の合間で宿題をやっていて尊敬しました」と称賛した。

また、やり直したいことがあるかと聞かれた板垣は「全くありませんでした。後悔したくないし1カット1シーンが挑戦でした。河合監督は、初めから僕のやりたいと思ったことに対して、好きなようにやらせてくださりました」と監督に感謝。

共演した吉柳についても「すべてにおいて初めてなはずなのに、映像を見た時、本当に初めてなのかな?と思うくらい堂々としていて。それがすごくすてきになった映画なので、吉柳さんが初めてだからこそ意味のある作品になったと思います。」と共演の喜びを語った。

そんな二人の演技について、河合監督は「まぶしくて、まぶしくて…。よくキラキラしている作品は撮るんですけど。いつも照明さんに助けていただきながら撮影しているのですが、二人はそんな助けいらずで、まぶしいくらいのキラキラを発してくれていました」と語った。

さらに、竹内が板垣に対して「映画初出演で初キスシーンってやっぱり緊張した?」と興味津々の様子で質問すると、板垣は「歯磨きは買いましたね!」と笑顔で回答。

竹内も「俺はちなみに初キスシーンはめっちゃ歯磨いたの!」と返すと、吉柳は「そんなに覚えていないんです…頭まっ白でした」と照れながら聞かせた。

最後に竹内は「今年初めての映像作品になるんですが、板垣さんと吉柳さんとも共演できてうれしかったです」とコメント

吉柳は「私はこの映画を通して、人が誰かのため頑張る姿って、こんなにすてきなことなんだと感じてほしいと思っています。母から反省はして良いけど、後悔はしてほしくないと言われていて、それは結構難しいのですが、だからこそ、そんな時には1歩踏み出す勇気というものがすごく大切だと思います。見てくださった方の背中を押してくれるような作品になればいいなと思います」と語った。

そして、板垣は「この映画は本当にたくさんの人に愛してもらっていて、いろんな人のスタートになる映画かなと感じました。吉柳さんが初めての映画で、僕も初めて恋愛ものをやったので、これから見てくださるみんなが好きになるような映画になったらうれしいです」と語ると、会場は大きな拍手に包まれた。(ザテレビジョン

板垣瑞生の初主演映画「初恋ロスタイム」が公開。板垣をはじめ、吉柳咲良、竹内涼真、河合勇人監督が初日舞台あいさつに立った