捕ったヘイズは胸を叩いて大興奮、MLBツイッターが動画を投稿

ブルージェイズ 8-4 オリオールズ(日本時間20日・ボルティモア)

 オリオールズが19日(日本時間20日)、本拠地で行ったブルージェイズ戦で奇跡的なプレーが飛び出した。ブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.内野手が放った打球が、右中間スタンドダイブ……と思われたが、なんとこの大飛球を中堅手オースティン・ヘイズが大ジャンプでキャッチ!MLB公式ツイッターが「終盤のキャッチ・オブ・ザ・イヤー候補」と動画で紹介している。

 1点リードで迎えた4回表、1死からビジオ、グリエルJr.と連続で被弾に2点を失った。続くゲレーロJr.にも3者連続を浴びるかと思われたが、ヘイズがジャンプし、スタンドの内側まで手を伸ばしながら捕球。ビッグプレーに獲った本人も、胸を叩きながら雄たけびを上げた。

 打たれたイノア投手も当然、驚きの表情。捕られたゲレーロJr.はヘルメットを取り、ヘイズのプレーを称賛した。

 このプレーにはファンも興奮の様子で、「素晴らしいキャッチ!」「このキャッチで、ボルティモアにチームがあると思い出したよ」「オリオールズ外野手がやったの?」「ビーストモード」と大絶賛。「打者のリアクションがいいね」とゲレーロJr.を褒め称えるコメントもついた。

 しかしこの捕球時、右中間スタンドは文字通りのすっからかん。ファンからは「誰も見ている人がいなくて残念だね」「ファンはどこ?」など、観客が少なすぎることにツッコミも入った。(Full-Count編集部)

オリオールズのオースティン・ヘイズは本塁打を“つかみ取った”【写真:AP】