9月21日(土)放送の「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)では、タレントマネジャーを目指す学生のいる専門学校に潜入。

【写真を見る】マツコは悩む学生たちに「気にしてたらダメよ!」とアドバイスを送る

タレントマネジャーを目指す学生たち

今の芸能界においてスターを生み出すには、マネジメントの手腕にかかっているとも言われ、注目を浴びている職業であるタレントマネジャー

そんな未来スターを生み出すことを夢見ている若者が、急増しているという。

早速、スタッフが授業中の教室を訪ねてみると、あるアイドルプロモーションについて生徒が発表中。

というのも、この学校では実際売り出し中のアイドルマネジメントを行なっており、SNS動画を使ったプロモーションや、ライブの運営などを考え、アイドルの卵を一から売り出す方法を実践しているのだという。

それだけではなく授業の一環としてインターン制度があり、多くは学生のうちからはタレント事務所の実際の現場に出て経験を積んでいる。

■ マツコのアドバイスを聞いた生徒たちは…

そんなインターンタレントに同行しているという学生は、「タレントマネジャーに、どうして欲しいのか分からないんです」と自分の悩みをマツコに聞いてみる。

すると、マツコデラックスは「タレントさんの身の回りの世話を、どうやったら上手くできるなんてところを気にしてたらダメ。あなたたちが目標にしなきゃいけないのはその先。仕事の話により密に入っていける人たちを、(タレントと一緒に仕事をするTV局などの)スタッフマネジャーとみなす」と、未来のスターを生み出したい学生たちにイマドキのマネジャーのあり方について親身に答えていく。

それを聞いた学生たちは、必死にメモを取る一幕も。

他にも、卒業生も加わり実際にタレントマネジャーとして活躍中の人々の悩みに、マツコならではの切り口で回答。

また、理想のマネジャーについて思わず熱く語るマツコのマネジャー論は必聴だ。(ザテレビジョン

9月21日(土)放送の「マツコ会議」では、タレントマネージャーを目指す学生のいる専門学校に潜入