上野樹里主演ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が、9月23日(月)に最終回を迎える。

【写真を見る】「終わる今になっても、まだ緊張したままです(笑)」と、笑いを誘った杉本哲太

最終話の放送を前に、人情家の検視官・伊東純を演じる三宅弘城、超堅物の検視官・丸屋大作を演じる杉本哲太がクランクアップとなった。

真逆の人柄ながら、常に縁の下の力持ちとして、朝顔(上野)ら法医学者や平(時任三郎)ら刑事を支え続けてきた2人。

伊東は、第5話で野毛山署少年係の鈴木真紀(伊藤真奈美)と結婚。実家の旅館を継ぐため、1度は検視官を退職した。それから5年が経ち、伊東と真紀は離婚。最終話では、実家の旅館を去り、山梨県警に検視官として復帰した伊東が登場する。

2人の最後の撮影は、朝顔ら法医学者と共に土砂災害について話し合うシーン。最後のカットを撮り終え「オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手と共に、上野から花束が贈られる。

三宅は、「平野(眞)監督の愛のあるイジりのおかげで(笑)、最後までやることができました。また『監察医 朝顔』の現場に帰ってくることができて、本当にうれしいです。皆さん、ありがとうございました!」とあいさつ

一方の杉本は、「6話からと、途中から参加をさせていただくことになり、ガチガチに緊張して入ったのですが、あっという間の時間だったので、終わる今になっても、まだ緊張したままです(笑)。でも、温かい現場の空気感に救われたなと思っています。ありがとうございました!」と語った。

ドラマ「監察医 朝顔」最終話あらすじ(9月23日[月]放送)

山梨で発生した土砂崩れで、土砂の下敷きになった死傷者が多数出ていることが予想されるため、興雲大学法医学教室に応援の要請が届いた。

そこで、朝顔(上野樹里)、法医学者の安岡光子(志田未来)、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)、主任教授の夏目茶子(山口智子)の5人が、災害が発生した山梨県に向かうことに。

現地に入り、すぐさま遺体安置所を作った朝顔たち。一息つく間もなく、朝顔たちの元へ、続々と遺体が運ばれてくる。遺体は泥だらけで損傷が著しく、その痛ましい遺体の状態に、朝顔たちはがくぜんとしてしまう。

だが、法医学者の本分を全うするため、心を奮い立たせ、まずは遺体の検案を始めることに。そんな中、今回の土砂崩れが自然災害ではなく、人災ではないかという疑惑が浮上する。

最後にして最大の事件、その行方は? そして、土砂災害の遺体安置所が彷彿とさせるのは、あの東日本大震災。あの日から法医学者を目指し、そして死と生に誰よりも懸命に向き合ってきた朝顔は…。(ザテレビジョン

ドラマ「監察医 朝顔」で検視官を演じる三宅弘城、杉本哲太がクランクアップを迎えた