2014年に結成された、原宿発の5人組アイドルグループ・神宿。

【写真を見る】上目遣いもキュート…! 羽島めいの美麗グラビア全35枚

デビュー当初から精力的にライブをこなし、主演映画が2本制作されたり、YouTubeで自分たちのチャンネルを持つなど、幅広いジャンルで活動し、注目を浴びている。

テレビジョンでは、9月29日(日)に千葉・幕張メッセで行われる5周年記念ワンマンライブ「神が宿る場所~君が君らしくあればいいのさ~」へ向けて、メンバーである一ノ瀬みか、羽島めい、羽島みき、塩見きら、小山ひなの魅力に迫る個人インタビュー連載を実施中。これまでの活動の歴史やメンバーへの思いなどを掘り下げてきた。

カウントダウン2”に突入した第4弾は、しゃべることが大好きなサッカー女子でMC担当の羽島めいが登場。 

子どもの頃は男の子たちと一緒にサッカーボールを追い掛けていた彼女がアイドルになるまでの知られざるエピソードライブ中のトークで心掛けていること、リーダーである姉・羽島みきの意外な素顔などについて、ざっくばらんに語ってもらった。

前回に引き続き、スペシャル企画「大好きなすしネタベスト3」も公開。

――まずは、スカウトされた時のエピソードを! と思ったんですけど、連載1回目にお姉さん(羽島みき)から聞いた話とほぼ同じですかね?(笑)

ほぼ、みきと一緒ですね(笑)。あの日(スカウトされた日)はありがたいことに私もいろんな方から声を掛けていただいて、今のプロデューサーが最後だったんです。駅に向かって帰る途中でした。

――最後に声を掛けられた時にちゃんと話を聞こうと思った理由は?

他の方の話も聞いてはいたんですけど、一番熱意があったというか、本気なんだなという必死さが伝わってきたんです。

グループコンセプトや活動方針なども丁寧に説明していただいて、この事務所なら信頼できると思いました。

――芸能界には興味があったんですか?

私は高校生になって、ずっとやってきたサッカーを辞めたんです。そのタイミングでスカウトされたので、自分のやりたいことがやっと見つかったというか、いい機会だなと思いました。

――神宿は2014年結成のグループですが、レッスンよりもライブという活動方針だったんですよね?

ボイストレーニングは全くしていなかったです。レコーディングの時に歌い方の指導があるぐらいで、あとはひたすらライブ。1日に3、4ステージというあり得ないスケジュールでした(笑)

だから、当時はみんな素人同然。たまに昔の動画とかをYouTubeで見たりするんですけど、もうひど過ぎて聴いていられない。ホントにヤバいです(笑)

その頃の“音痴時代”を知っているファンの方たちは今の私たちを見て「成長したね」って褒めてくれます。

――めいさんは子どもの頃からサッカーをやっていたんですよね?

もう“THE活発”という感じの子どもでした。もともと体を動かすことが好きで、幼稚園の頃も一番足が速かったですね。

――スポーツの世界からアイドルの世界に“転身”したことへの戸惑いはありましたか?

ずっとサッカーをやっていたので、男の子に囲まれている環境で育ったんです。

中3までサッカー中心の生活でしたから、高校に入ってアイドルデビューするということになった時は、キャピキャピしているような女の子が自分に似合っているのかどうか不安でした。

「ちゃんとアイドルをやれているのかな?」って。でも少しずつ慣れていって、ファンの皆さんが「かわいいよ」「すごく個性的」って言ってくださったので、その言葉が自信につながっていきました。

――ライブでのMCをみきさんから任されたという話を聞いたんですけど…。

そうですね(笑)ファンの皆さんはよく分かっていると思うんですけど、みきはみきなので。この間の大阪のライブでも「意気込みはある?」って聞いたら「ない!」って言われて。

しかも最後にライブの感想を聞いたら「うん、楽しかった。(あとは)任せた!」って返ってきて「ダメだこりゃ」って思ったんですけど(笑)、まぁ、こんな感じのリーダーでいいのかなって。

私はもともとしゃべることが好きなのでMCを担当することは苦ではないです。やっぱり、ライブでしかファンの方たちと直接会う機会がないじゃないですか。

だから、トークの時はちゃんと自分の言葉で伝えるということが大事なのかなと思っています。

――メンバー全員が出演した映画「神宿スワン」の思い出は?

神宿にとっては、初めての映画。こんなに大変なのかっていうぐらい、スケジュールがタイトだったんです。毎日、夜遅くまで撮影をしていました。

プロの俳優さんたちと比べたら劣っている部分はたくさんありますけど、私たちは私たちなりに一生懸命取り組んだ作品。いい経験になったと思います。

――メンバーの中で女優に向いていると思った人はいましたか?

お姉ちゃんかなぁ。意外と憑依するタイプというか、何か普段と全然違うんですよ。セリフの言い回しや表情が自然。いつもヘラヘラしているけど(笑)、意外とうまいんじゃないかなって思いました。

――女優に向いていると、お姉さんに伝えたら…?

調子に乗ると思うのでやめておきます(笑)

――でも、この記事を読んだらバレるかも。

大丈夫です。あの人は他人に興味がないから、読まないと思いますよ(笑)

――…読んでほしいなあ(笑)。2年前の3周年ワンマンライブは念願だった原宿で開催。ファッションショーも盛り上がったみたいですね。

私は原宿の代表的なブランド「SPINNS」さんの洋服を着ました。原宿にいそうな感じのコーディネートにしてもらって、とてもうれしかったです。

■ 笑顔でいることに慣れていなかった

――デビュー当時から3周年ワンマン、そして2019年は結成5周年と、ステージからお客さんのことを見るという点で変化はありますか?

最初の頃は、よく顔がつっていました。笑顔でいることに慣れていなかったんです。ライブが終わるといつもほっぺが筋肉痛(笑)

今はもうそんなことはないですね。むしろ、最近は変顔をして「舁夫(かきふ)」(神宿ファンのこと)さんたちを笑わせることにハマっていて。皆さん、ライブ中にゲラゲラ笑ってくれるのですごく楽しいです(笑)

――2018年リリースしたシングルHAPPY PARTY NIGHT」は、カラオケチェーンビッグエコー」とのコラボ曲。全国の店舗で流れたんですよね?

カラオケにはよく行っていたので、ものすごくうれしかったです。カラオケに来たお客さんだけではなく、店員さんも見てくださっていて。

「○○店で働いています」って、ライブに来てくれた方もいらっしゃいました。ずっと曲が流れているから頭から離れなかったみたいです(笑)

――カラオケではどんな曲を歌うんですか?

最近はアニソンが多いです。ワンピース主題歌とかいろんな曲を歌っています。

――ライブには、YouTubeの動画を見て気になったという方もたくさん足を運んでいるみたいですね。

振り付け動画をやっているので、それを見て予習して来てくださる方もいるんです。

「自分が予習した曲を生で見られてよかったです」って言ってもらえることも多いですね。これからも、YouTubeを使っていろんなことをやってみたいです。

――2019年1月に結成当時からのメンバーである関口なほさんが勇退して、4月からは塩見きらさんが新加入! 何か新しい風を感じることは?

きらは神宿のことを客観的に見てくれるんです。4月に入ったばかりだから分からないことだらけなんじゃないかなって思っていたんですけど、グループのことをいろいろ分析してそれをしっかりと発信してくれる。あらためて、この子を神宿に入れて良かったなって(笑)

グループに変化があった時期だったからこそ、外から私たちのことを見てくれていたきらの存在は大きい。新しい風が吹いたなっていう実感があります。

――さて、ここからは連載企画として、めいさんの主観で他のメンバーを紹介していただきたいと思います。まずは、ひなさんから!

ひなは“THE女の子”っていう感じで、思っていることを口に出せないタイプだったんです。でも、最近は何を考えているのか、今おなかが空いているのかとか(笑)、分かりやすく態度で示してくれるようになりました。

よく自分で「何もできない」って言うけど、MCの時に私がミスをしても隣ですぐフォローしてくれたり、ツッコんでくれたりするので、いつも助けられています。何だかんだ言って一番頼りになる存在かもしれません。

――続いては、みかさん!

みかは結成当初から一番意見を言い合っている仲間。お互い全然違うタイプだから、考えていることなどかみ合わないことが多いんです。

でも、それは決して悪いことではなくて、誰よりも本音が言えるし、自分が思っていることを遠慮せずに言える存在。一緒にいて高みを目指せる人です。

グループをやっていく以上、コミュニケーションは絶対大事。サッカーをやっている時も声を出さないとパスが通らないし、人を動かすこともできない。そういう意味では、本気でいろんなことが言えるみかがいてくれてよかったなと思います。

――そして、きらさん!

きらは私に似ているのかなと思うことがあります。女の子とうまく話すことができない一人ぼっちタイプ(笑) 女の子同士って、いろいろ面倒臭いんですよ。

人の悪口を陰で言ったりするんですけど、私はそういう雰囲気が苦手で。きっと、きらもそうなんじゃないかなと。サバサバしているところも共通していますね。

すごく興味があるから、もっときらのことを知りたい!(笑)

■ 姉・みきへの思い

――では、あえて最後に残した(?)お姉さんみきさん

お姉ちゃんが最後って面白いですね(笑)。う~ん、何だろう、お姉ちゃんは良くも悪くも自我が強い人間。「私はこれがいいんだ」っていうことを頑張って通そうとするんです。ちゃんと、自分の意見を言ってくれるのですごくうれしいですね。

今までは家族として一緒に過ごしてきたから気付かなかったことを、神宿の活動を通して知ることも多くて。意外と真剣なんだなとか(笑)、見たことがなかったお姉ちゃんの姿を近くで見ているという感覚はとても新鮮。

お姉ちゃんに対する見方がどんどん変わりつつあります。それが面白いなと思います。

――さて、幕張メッセで行われる5周年のワンマンライブまで、あと1週間です。

私たちが本当にやりたいことを幕張メッセで実現するために、いろいろ企画を考えています。自分自身すごく楽しみですし、舁夫さんたちには純粋に成長した姿を見てもらいたい。もちろん、最近ファンになったという方たちにも喜んでいただけるようなライブにしたいと思っています!

――今後の活動も楽しみですが、グループとしての野望”は?

たぶんみんな同じだと思うんですけど、神宿が国民的なアイドルになること。これは、結成当初から変わりません。

そのためには、もっと個人個人が一人でも勝負できるようにならないといけない。どのメンバーセンターに立ってもおかしくないぐらいに成長することが必要ですし、日本中の誰が見ても「神宿の○○ちゃんだ!」って一瞬で分かるようなアイドルになりたいです。

3周年の時に原宿をジャックしましたけど、神宿は“原宿発”のアイドルグループなので「原宿といえば神宿でしょ」って言われるような存在になれるよう頑張りたい。原宿駅着メロで神宿の曲が流れたらうれしいですね(笑)

――個人の野望は?

しゃべることが好きなので番組のMCをやってみたいですし、女優の仕事にも興味があります。以前ちょっとだけ演技のレッスンを受けたんですけど、自分の知らない自分になれる感覚が面白いなと。

ドラマや映画に出てみたいですね。服を着るのも写真を撮られることも好きだから、いつかモデルにも挑戦したいです。

――最後に、前回のひなさんの時に好評(?)だった「好きなおすしベスト3」をお願いします!

私もいいんですか?(笑) 3位は「とびこ」、2位は赤貝とかの「貝類全般」。

――気になる1位は…!?

1位は赤エビです!

――ありがとうございました(笑)

えっ、これで終わりですか!?(笑) ありがとうございました。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

神宿インタビュー連載第4弾はMCであり、青担当の羽島めい