メイン画像

きょう21日、大型で強い台風17号の接近で沖縄は大荒れ。また、台風の外側を取り巻く活発な雨雲が、次第に九州へ。滝のような雨も。

21日(土) 沖縄 猛烈な風 外出が極めて危険なほど

きょう21日朝、大型で強い台風17号の接近で、沖縄は暴風が吹き荒れています。
暴風のピークは、先島諸島(宮古島中心)は昼前まで、本島地方は夕方まで。特に本島地方では、最大風速30m/s(最大瞬間風速45m/s)と、外出が極めて危険なほどの猛烈な風が吹き、海は猛烈なシケが続く見込みです。
土砂崩れや低い土地の浸水など、大雨による災害にも警戒が必要です。落雷や、竜巻などの激しい突風が発生する危険性もあります。

台風の外側の活発な雨雲 次第に九州へ

21日の朝、沖縄に限らず、九州から関東にかけての広い範囲で雨が降っています。秋雨前線や、南からの湿った空気の影響です。日中も雨が降ったりやんだりで、傘が手放せないでしょう。
台風の北上に伴い、その外側を取り巻く活発な雨雲も次第に北上。この雲がかかるため、九州では今夜から雨脚が強まってきそうです。局地的には、道路が一気に冠水するほどの非常に激しい雨が降るでしょう。

22日(日) 九州・中国・四国 雨も風も強まる

画像C

あす22日は台風17号が次第に九州へ近づき、夜は対馬海峡から日本海へ進むでしょう。台風の外側の雨雲や、周辺の暖かく湿った空気の影響で、九州や中国、四国で雨脚が強まり、非常に激しく降る所もありそうです。また、九州南部の早い所では明け方から、九州北部や中国、四国も午後は風が強まってくるでしょう。特に、台風の進路に近い「九州北部」では、陸上で最大風速25m/s(最大瞬間風速35m/s)と、看板が落下して飛ばされたり、道路標識が傾くほどの非常に強い風の吹く所がありそうです。
屋外にある飛ばされやすいものを片づけたり、停電への備えをするなど、台風対策はきょうの出来るだけ早い時間に済ませるようにしてください。

23日(月:秋分の日) 荒天のエリアが一気に北へ拡大

23日は、台風が日本海を北東へ進む予想です。スピードを上げながら進むため、荒れた天気の範囲が一気に広がるでしょう。近畿や東海は午前を中心に、関東や北陸、東北、北海道にかけては午後、日本海側を中心に風が強まり、暴風となる所もあるでしょう。広い範囲で交通機関に影響が出るおそれがあります。三連休最終日ということで、長距離の移動をする人も多くいらっしゃると思います。気象情報・交通情報を十分確認しつつ、時間に余裕を持った行動を心掛けましょう。

台風17号 沖縄は大荒れ 活発な雨雲は次第に九州へ