レアル・マドリードは20日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが全体練習に復帰したことを発表した。

 バルベルデはクラブメディカルチェックを受け、今月13日に左足大腿直筋負傷と診断された。リーガ・エスパニョーラ第4節のレバンテ戦では招集外となっていた。離脱期間については明かされていなかったものの、クラブはバルベルデが全体練習に復帰したことを発表した。

 また、負傷中のクロアチア代表MFルカ・モドリッチとスペイン代表MFイスコリハビリを継続する中、グラウンドで別メニューを実施。一方、スペイン代表FWマルコ・アセンシオとブラジル代表DFマルセロはそれぞれリハビリを継続していることも併せて報告された。

 レアル・マドリードは次節、21日にセビージャと対戦する。

全体練習に復帰したMFバルベルデ [写真]=Getty Images