スマホゲームにゃんこ大戦争」を運営するポノスは、同タイトルで不正なゲームデータを作成して販売した容疑者が逮捕されたと明らかにしました。

【その他の画像】ゲーム「にゃんこ大戦争」

 京都府警は、不正なゲームデータを販売した容疑者1人を私電磁的記録不正作出および同供用罪で逮捕。当該データを購入した容疑者3人を書類送検しました。

 ポノスは、不正なゲームデータの作成は「利用規約に違反する行為に当たるだけでなく、犯罪に当たる場合があります」として、絶対行わないよう呼びかけ。同社は、こうした不正行為には厳正に対処していく方針であり、新たに不正行為が発覚した際は警察に被害を申告し厳正な処罰を要請するとしています。

ポノスの発表