【元記事をASCII.jpで読む】

 20日に発売されたiPhone 11の3モデルでは、暗い場所でもフラッシュを使わずに明るく撮れる「ナイトモード」が搭載された。内部的に連続で撮影した画像からソフトウェアで合成し、数秒のシャッター速度と同等の写真が撮れるようになっている仕組みは、先行したAndroidスマホと基本的に同じ発想だと思われる。

暗い場所でも自然に明るく撮影できる
「ナイトモード」を搭載したiPhone 11

 アップルサイトでは「色はより自然。写真はさらに明るく。」とアピールしているが、実際の写真はどうなのか、iPhone 11 Maxに前モデルiPhone XS Max、夜景での強さに定評があるファーウェイHUAWEI P30 Pro」、グーグル「Pixel 3 XL」も加えて、発売日夜の新宿の街に出た。

 まず、iPhone 11でのナイトモードへは、暗い場所であることを認識すると、自動的に切り替える。ナイトモードでは、シャッター速度の変更も可能。誰でも簡単に使えるのに、設定も変更できる点はiPhoneらしい部分と言えるだろう。

※:ファイルサイズが大きいので、作例のクリックにはご注意ください(一部画像の回転をしています。iPhoneの写真はPC転送時にJPEGに自動変換しています)。キャプション部分のデータはExif情報を元にしています。

シーン1

シーン2

シーン3

シーン4

 全体的に見ると、やはりiPhone 11 Pro Maxの自然な明るさが印象的。これまでのiPhoneは、正直夜景に強いとは言いがたい部分があったので、ライバルに対して十分な競争力を持ったのは間違いない。一方で、1/1.7型という一回り大きなセンサーHUAWEI P30 Proの強さも見えたと言える。


iPhone 11 Pro/HUAWEI P30 Pro/Pixel 3で新宿の夜を撮り比べ