株式会社スチール(栃木県河内郡上三川町多功2570-1 代表取締役スピッツァー マリオ)は、 2019年10月1日より、世界初 電子制御フューエルインジェクションチェンソーSTIHL MS 500i /MS 500i W*」の販売を開始します。
*Wはヒーティングハンドルバージョン

エンジンチェンソーの新たな時代の幕開け>
過去、STIHLは様々な革新的技術を製品に取り込み、業界のリーダーとして確固たる地位を築き上げてきました。そして今回、世界で初めて電子制御フューエルインジェクションを搭載したエンジンチェンソー MS 500iは、STIHLの名声をより確かなものとするだけではなく、エンジンチェンソーの新たな時代の幕開けとなるモデルとなりました。
優れた電子制御フューエルインジェクション技術は、トルクの向上のみならず、エンジンの加速性能が飛躍的に向上し、チェンスピードが0 km/h から 100 km/h に達するまで、わずか0.25秒という驚異的な加速力を持っています。さらに、軽量化を意識したデザインとそのエンジンパワーにより、これまでのチェンソーでは得られなかった、1.24 kg/kWという圧倒的なパワーウェイトレシオを達成しました。プロフェッショナルユーザーにとって、この加速力とパワーウェイトレシオは、作業効率の飛躍的な向上に寄与します。
また、MS 500iのエンジン始動は極めてスムーズで、始動後、暖機運転を必要としません。各種センサーにより、温度などの周辺環境を測定し、標高や気温の高低などの作業条件に左右されることなく、エンジン始動後すぐに最適な出力を得ることができます。
STIHL MS 500iは、時代の最先端を行く、革新的なモデルとなっています。

<その能力は既に実証済み>

2年に一度、世界中の林業のプロフェッショナルが一堂に会する世界伐木選手権(WLC: World Logging Championship)は、安全作業技術、正確性、スピードを全5種目の競技(ソーチェン着脱、伐倒、丸太合せ輪切り、接地丸太輪切り、枝払い)で競う大会です。前回大会(2018年8月)では、MS 500iを使用した選手が世界チャンピオンとなりました。選手が、0.01秒、0.1 mmを競う大会においてMS 500iが持つ並外れた能力は、選手の大きな手助けとなり、また、MS 500i が持つ卓越したパワースピード、扱いやすさを全世界にアピールしました。

<電子制御フューエルインジェクション>

電子制御フューエルインジェクションは、インジェクションバルブを通して、直接クランクケース混合燃料を噴射します。この噴射のタイミング、噴射量は、チェンソーに内蔵されたセンサーが、クランクケース内圧や温度などを測定し、その測定データを基に自動的に判断、決定されます。これにより、作業環境に左右されることなく、スムーズな始動、そして始動直後からの優れた加速性、強力なパワートルクを発揮します。 また、負荷がかかる作業中も最適な燃料噴射が行われ、MS 500iが持つエンジンパワーを余すことなく、鋸断に活かします。

<始動が簡単>

MS 500iのエンジン始動は、燃料ポンプを数回押し、スターターを2~3回引くだけで、複雑な手順は必要ありません。今までの機械のように、スタートスイッチチョークレバーはありません。これは、チェンソーに内蔵されたセンサーで測定されたデータにより、機械がどのような状態なのか、作業現場の環境(高度や周辺温度)は、どのような状況なのかを総合的に判断し、その状況に最適な燃料量を電子制御フューエルインジェクションでクランクケースに噴射します。そのため、機械が冷えている状態でも、スムーズな始動を行うことができるのです。使いたいときにすぐにエンジン始動が行えます。エンジンは、ストップスイッチを押すだけで確実に停止します。

クラス最高のパワーウェイトレシオ*>

MS 500iは、79.2 cm3で6.2 kg と軽量化されたデザインと5.0 kWの抜群なパワーによって、1.24 kg/kWという圧倒的なパワーウェイトレシオを達成しています。この数値は、他の排気量帯のチェンソーと比較しても極めて低い数値です。これにより、非常に優れた加速性をもつプロフェッショナルチェンソーとなっています。
*パワーウェイトレシオは、1 kWが支える質量(kg)のこと。この数値が低いほど、加速性に優れる。


<優れたバランス快適な使用感>

MS 500iは、軽量スプロケットカバーコンパクトに設計されたエンジンユニットなど、同排気量帯のチェンソーと比較し、非常に軽量で扱いやすくなっています。また、ジャイロ効果を低減するデザインフライホイールや、そのフライホイールとクランクシャフトバランス最適化する設計により、作業時の機械の取り回しを良くしています。これは、激しく機械の向きを変える枝払い作業時に威力を発揮し、その取り回しの良さと、抜群の加速性により、疲労が少なく、効率的で快適な枝払い作業を行うことができます。

<様々な機能がより快適な作業、メンテナンスへ>
MDG 1での診断

STIHLインジェクションは、最新の診断機STIHL MDG 1とPC上の診断ソフトウェアBluetoothで通信し、エンジンを始動せずに簡単正確にメンテナンスサービス、故障診断や性能診断ができる世界で唯一のテクノロジーです。診断結果も保存、出力ができ、時間とコストの節約ができます。

防振システム
効果的に配置をされた防振スプリングは、機械のコントロール性能を維持しつつ、低振動を実現しています。優れた直進鋸断性能を発揮し、作業者の疲労を軽減します。

エアフィルター
エアフィルターカバーを工具なしで取り外しできるため、エアフィルターの掃除が非常に簡単です。エアフィルターは、耐油性、耐水性に優れたHD2 フィルターを搭載しています。高いダストろ過性能を持ちつつメンテナンスも簡単。掃除の際は、フィルターを軽く払ってダストを落とすだけです。汚れがひどい場合には、アルカリ洗剤を使用した水洗いも可能です。

キャプティブナット付スプロケットカバー

形状を変更し軽量化を行いました。ナットがスプロケットカバーと一体化したキャプティブナットにより、取り付け、取り外し時のナット紛失を防ぎ、取り付け・取り外し作業も楽に行えます。

新型スパイク形状
新型スパイク形状は、木材に対してスパイクが効きやすいように設計されており、伐倒時など機械をコントロールしやすく、正確な伐倒が可能になり、労力も低減します。

伐倒方向線および突っ込み切り方向線
伐倒方向線はもちろん、突っ込み切りの方向線も付けました。突っ込み切り方向線により、突っ込み切り作業時、ガイドバーの先端がどの位置にあるかわかり、正確で安全な作業が行えます。

<仕様>

*燃料、ガイドバー、ソーチェンを含まない質量


配信元企業:株式会社スチール

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ