筆者は、医者にかかるときは大病院よりも個人病院派なのですが、個人病院でも腕のいい先生のところはいつ行っても患者さんで溢れていて、なかなか診察してもらうまで時間がかかってしまいます。

ところで、腕の悪い医者のことを日本語「藪医者(やぶいしゃ)」といいますが、それはどうしてでしょうか。なぜ「竹医者」とは言わないのでしょうか。

難病療治きたいなめい医 (歌川国芳 画)

「ヤブ」という言葉は地名だった

かつてこの「ヤブ」という言葉は、但馬国(兵庫県北部)の養父(やぶ)というところにいる名医のことを指す言葉でした。ところが、あまりにも評判が高くなったことから「養父から来た医者」を称する偽物が横行し、いい加減な治療をして高額な治療代を要求するものが増加し、社会問題にもなってしまいました。

これがきっかけで、やぶ医者という言葉は腕の悪い医者を指す代名詞となりました。つまり、本来の意味とは逆転してしまったようなのですね。

これが、松尾芭蕉の弟子だった森川許六が江戸時代中期に編纂した『風俗文選』以来、「藪医者」という言葉の出所を説明するものと考えられてきました。

ところが、医者のことを古くは「薬師(くすし)」と言い、下手な医者を意味する「藪薬師」の語が江戸時代よりはるか昔の南北朝時代末期から室町時代初期の『庭訓往来』にはすでに見られるそうです。

この場合の「藪」は、「野巫」、すなわち呪術を用いて治療をする田舎の医者のことを指していたというふうに考えられていたようです。

藪医者=田舎の医者?

また、国語学者の岩淵悦太郎によれば、「藪」という言葉それ自体がそのまま草深い「田舎」を意味しており、藪医者=田舎の医者。田舎の医者=治療が下手、というふうな発想になっていったのだと考えられています。

今となっては、そのはっきりとした真相を明らかにすることは難しいかもしれません。ただ、「藪医者」という言葉が、後者の意味に近いところで生まれたのだとしたのならば、ひょっとしたら、この言葉には都会の人たちが田舎の人たちに対して抱きがちな、蔑みに似た感情が含まれた言葉なのかもしれませんね。

参考:

関連画像