千葉県では大型台風の影響による復旧作業がまだ続いており、未だ厳しい状況が続いています。また、被災した人の中には在日外国人もおり、日本語でのコミュニケーションが円滑に行えない状況で不安も大きいでしょう。そこで、千葉県国際交流センターでは、在日外国人に向けて行なった神対応が話題になっています。

各言語に対応した相談窓口

日常生活でよく見かける対応言語だと、英語、中国語韓国語ですが、タイ語からスペイン語まで13言語に対応した電話相談窓口があります。今回の台風による相談も行うことができ、土日祝日も稼働する神対応をしています。

外国人に優しい対応

他にも優しい日本語で情報を出すサイトや、法律に関連する相談会も開催されていくようです。また、英訳をして情報発信をするコメントもあり、1人でも多くの情報を必要としている方へ伝わるようにしていきたいですね。

神対応も話題になりましたが、国の支援は塩対応過ぎることで話題になりました。

画像掲載元:pixabay



画像が見られない場合はこちら
被災地で神対応!在日外国人「これは助かる」と話題に