message-in-a-bottle-642268_640_e

Alexas_Fotos/pixabay

 誰かの書いたメッセージが入ったボトルが海へと流され、見知らぬ誰かがそれを拾い、そこから驚く奇跡的なストーリーが展開するというような話は、フィクションの中で起こるものであって、実際には滅多にない。

 しかし今回、その奇跡のような出来事が、ある家族に起こった。

 アメリカカリフォルニア州で、ハイキング旅行中の一家が、滝の上で立ち往生するというアクシデントに見舞われるも、SOSメッセージを書いたメモをプラスチック製ボトルに入れて川に流し救助を求めたところ、運よく人の目に留まったのだ。

 おかげで、3人は無事に救助されるというハッピーエンドとなった。

―あわせて読みたい―

映画で見たあのシーンは本当に効果があった。砂浜に描いた巨大な「SOS」の文字で無事救助された5人組(オーストラリア)
メッセージボトルに込められた思いが、今この瞬間もどこかの海で旅をしている。感動のリアルストーリー
いつ何時何が起こるかわからないから。覚えていて損はない18のサバイバル・ライフハック
負傷したハイカーを上空から救助していたヘリコプターにハプニング。ハイカーが宙吊り状態でクルクル回転(アメリカ)
怖い!でも見晴らしは最高!滝の頂上付近にあるプール(ドイツ)※高所恐怖症注意


Message in a bottle helps rescue family trapped on California camping trip

ハイキング中3日目にアクシデント発生

 カーティス・ウィットソンさんと息子のハンター君(13歳)、カーティスさんの恋人クリスタル・ラミレズさんの3人は、カリフォルニア州アロヨ・セコに4日間の予定でハイキングに向かった。

 カーティスさんは、7年前にも同じルートでハイキングをした経験があり、土地勘もあったのだろう。3日目までは、3人はスムーズにハイキングを終えた。

 ところがあと残り1日という時に、一家は高さ12メートル以上ある滝の上で立ち往生する事態になってしまった。

 水位が予想していたよりも高く、カーティスさんがあると予想していた滝の下降用ロープが無かったのだ。カーティスさんによると、7年前は太いロープを使って滝を安全に下降できたという。

 しかし、そのロープがないとなると一家が持っている細めのロープでは、高さがある滝を降りる安全性は保障されない。3人はリスクを冒すことを止め、何とかして救助を求める方法を考えた。

message2_e


プラスチック製ボトルにSOSのメモを入れて流す


 そこで一家は、持っていたレシートに助けを求めるメッセージを書き、それをプラスチック製ボトルに入れて滝の上から下流へ流すことにした。

message3_e


 レシートには、「6-15-19」と6月15日の日付を記し、
滝の上で立ち往生しています。助けを呼んで下さい

と綴った。

 それをボトルに入れ、更にボトルの表面にも「GET HELP(助けを呼んでください)」と刻み、祈るように滝下に投げ落とした。

message5_e


「このような経験は23年の中で初めて」と救助パイロット


 一家のボトルは、奇跡的にも滝から800メートルほどの距離にいたハイカー2人に目撃された。

 下流でボトルを拾った2人は、すぐにアロヨ・セコのキャンプ管理者へと連絡。そこから警察へ通報がなされた。

できる限りのことはやった。後は、祈って救助を待つしかない。

 そう励まし合っていた3人に救助のヘリコプターの音が聞こえたのは、ボトルを流した日付がちょうど変わった0時頃だった。

 救助パイロットを含む救助隊員がヘリコプターで上空を旋回すると、滝から2メートルほど上流に進んだ場所で、ブルーシートの上に石で象った「SOS」のサインがあるのが見えた。

message4_e


 3人は、その後無事に救助された。

message1_e


 後日、メディア取材に応えたクリスタルさんは、
上空から、スピーカーで『あなたたちを発見した。今から救助を行う』と伝えられた時には、安堵感で膝から崩れ落ちてしまいました。

と話し、ハンターさんは次のように語った。

夜中の12時頃、父に『助けが来たぞ!』と揺り起こされました。上を見たらヘリコプターがありました。

ボトルにメッセージを入れて救助を求めてそれが叶うなんていうことは、映画の中でしか起こらないことだと思っていたので、実際にこの方法で僕たちが救われたという事実には、驚きでいっぱいです。


 なお、救助隊員として勤続23年のパイロットジョーキングマンさんも、「実際に、ボトルに入れたSOSメッセージで救助を求めた人の話は、今まで聞いたことがありません」と話している。

References:abcNEWSなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282657.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

賞味期限切れのインスタントラーメン2000個を利用して、生まれてくる子供のためにプレイハウスを建てた男性(中国)
休暇中のパイロット、家族と飛行機に乗ろうとしたところトラブルが発生。自ら操縦を申し出て予定通りフライト(イギリス)
「イヌイット族は自らの大便を凍らせてナイフとして使用していた」噂の逸話を科学者が検証してみた。無理だった(米研究)
大好きなアメフトチームのTシャツを自作した少年がいじめられていることを知ったチーム、そのデザインを公式Tシャツに
自らが成長するための重要なサイン。ストレスや不安をきちんと受け入れるべき科学的理由(米研究)

―知るの紹介記事―

天然痘ウイルスを保管していたロシアの研究所で爆発事故が発生。バイオハザードの危険性は?
休暇中のパイロット、家族と飛行機に乗ろうとしたところトラブルが発生。自ら操縦を申し出て予定通りフライト(イギリス)
子供の頃飼っていた愛犬と泣く泣く別れた女性。7年後に引き取った老犬が同じ犬だったことの奇跡(アメリカ)
犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
「イヌイット族は自らの大便を凍らせてナイフとして使用していた」噂の逸話を科学者が検証してみた。無理だった(米研究)
滝の上で立ち往生した一家、ボトルにSOSのメモを入れて川に流し望みを託したところ、無事救助される(アメリカ)