阪急交通社大阪市)は、「『海里』に乗車 5つ星の宿の名旅館に2泊する 山形県名湯・美食の旅3日間」を、2019年9月18日に発売した。出発日は10月29日または27日。

ダイニング車両でのランチプランも

10月5日に運行を開始するJR東日本の観光列車「海里」で山形県内の観光地を巡るプラン。海里は9月29日に定期運行を終える「きらきらうえつ」の後継にあたる新型車両で、旅行会社で貸し切るのは初だという。29日発のツアーでは1日目に、27日発では3日目に乗車する。

列車のテーマは「新潟の食」と「庄内の食」、「日本海の景観」。ダイニング車両を備えており、「ランチプラン」では地元の食を味わうことができる。

宿泊先は名湯あつみ温泉と天童温泉。世界最大級のクラゲ水族館加茂水族館」や、紅葉が美しい「湯殿山神社」などを訪れる。

1人あたりの料金は、「通常プラン」が7万9800円、「ランチプラン」は9万9800円(大人、2人1室利用)。<J-CASTトレンド>

「きらきらうえつ」の後継を担う