メイン画像

きょう(21日)は、中国地方から北陸、東海で最高気温がきのう(20日)より7度くらい低くなりました。鳥取では11月上旬並みで、9月として統計開始以来、低い方から5位の記録になりました。

きょう21日(土)は、中国地方から北陸、東海では、朝から気温の上がり方が鈍くなりました。午後3時までの最高気温は、鳥取18度5分、京都22度0分、福井20度2分、名古屋23度6分と、きのうに比べると7度くらい低くなりました。鳥取では、最高気温を未明に観測し、統計開始の1943年以来、9月として低い方から5位の記録になりました。
あす22日(日)は、台風17号の北上に伴って、本州付近は暖かい空気に覆われるでしょう。中国地方から北陸、東海の最高気温は25度以上で、ほぼ平年並みになる所が多い予想です。

きのうより7度くらい低い気温 11月並みも