主演・製作を兼ねる気合十分の意欲作『アド・アストラ』(公開中)で来日したブラッド・ピットハンチング帽を被り、満面の笑みでインタビュー会場に現れたブラピは、55歳とは思えないほど肌ツヤが良く、少年のようにあどけないチャーミングな笑顔を見せていた。

本作でブラピが演じるのは、エリート宇宙飛行士ロイ・マグブライド役で、地球から32億キロ離れた太陽系の彼方で消息を絶った宇宙飛行士の父親(トミー・リー・ジョーンズ)の謎に迫っていく。監督は、ブラピが以前から組みたかったという『エヴァの告白』や『ロスト・シティ Z 黄金都市』などのジェームズグレイ監督だ。

「Hi!」とキラキラした表情で挨拶をするブラピに「Hi!」と返すと「日本語で“ハイ”は“Yes”という意味なんだよね?」とおちゃめに笑う。俳優として円熟味を見せながら、映画プロデューサーとしての手腕も発揮するブラピの今に迫る。
○■本作で描いた父と息子のリアルな親子関係

――本作でプロデューサーと主演を務めていますが、この企画に惹かれた理由から聞かせてください。

この映画を手掛けたいと思った理由は、自分の親との関係を見直すきっかけになると思ったし、自分自身も父親として、子どもの目にどう映っているのか、また、子どもを育てることの責任についても改めて考えられると思ったから。

――父と息子のリアルな親子関係の葛藤が心に響きました。トミー・リー・ジョーンズ演じるロイの父親クリフォードは、家族そっちのけで、宇宙飛行士としての任務に人生を捧げた人です。ブラッドさんも父親ですが、彼のような生き方についてどう思われましたか?

クリフォードは、宇宙を探求することを一番に考えている人だったから、子どもを持つべきじゃなかったのかもしれない。でも、その息子であるロイは、父親の痛みを理解したいと思っている。

子どもの頃は、何か起こっても、全部自分のせいだと思ってしまうことが多いが、成長すると親の良いところと悪いところの両方が見えてきて、自分自身をより理解できるようになる。そこで初めて、自分のせいだと思っていたことが、必ずしもそうじゃなかったと気づくんだと思う。

ロイは自分の痛みを遠ざけるために、自分の周りに壁を作ってしまい、人と深い関係を築けなくなってしまった。今、そこをようやく理解できる年になったんだと思う。

○■SFジャンルでの“新しいもの”に挑戦

――宇宙飛行士といえば、子どもの頃に夢見る職業の1つですが、ブラッドさんはいかがでしたか?

僕は、宇宙飛行士になりたいというロマンをずっと忘れていたかもしれない。今回は、それよりもこの映画が、SFというジャンルで、どういう新しいものを見せられるか、また、価値のある作品にできるかということを考えていた。

――今回、宇宙服を着用しての演技が多く、目で繊細な感情表現をされていたのが印象的でした。演じる上で工夫した点はありましたか?

役者が悲劇や喪失感をリアルに感じていれば、それが観客にも伝わるんじゃないかと僕は思っているので、そういうふうに臨んだよ。よくニュース番組で、悲しんでいる人たちを見ると、観ている僕たちもその辛さを感じてしまうことと同じだね。

――ブラッドさんは、子どもの頃、宇宙に対してどんなイメージを抱いてましたか?

僕は子どものころ、月はだいたい三日月として描いていた。でも、今は夜に空を見上げると、完全に球体に見えているかな。また、地球以外にも惑星があり、銀河系があり、宇宙がさらに広がっていることも意識させられる。我々がどれだけちっぽけな存在なのかと感じるのと同時に、我々が問題としているものが、たいしたものじゃないとも思えるね。

――どこか、移住してみたい星はありますか?

僕はやっぱり地球がいいな(笑)

○■俳優業は継続! プロデューサーとしての思いも

――「ニューヨークタイムズ」紙で、ブラッドさんは「俳優業から遠ざかりたい」と言われていましたね。

いや、そんなことはないと思うんだけど。僕はその記事を読んでいないし、何を言ったのかもハッキリ覚えてなくて(苦笑)。もちろん、世の中には、若者が主役の物語の方が断然多いから、そういう意味で自分が年をとっていくと、だんだん出演する作品が少なくなってくる、という意味で言ったのかと。

――では、俳優は今後も続けていくんですね? 『アド・アストラ』の撮影が大変すぎて、精根尽き果てたのかなと思いました。

いや、そうではないし、もちろん俳優は続けるよ。ただ、今はいろいろなところに興味がいっていて、他のことも学びたいし、表に出ない裏方もやりたいとは思っているよ。

デヴィッド・ボウイは全部を受け入れて、優雅に去った気がするけど、そういう彼に僕は憧れている。僕もそんなふうになりたい。

――ブラッドさんのプロダクションであるPLAN Bは、『ディパーテッド』(06)、『それでも夜は明ける』(13)、『ムーンライト』(16)と3本もアカデミー賞作品賞に導きました。その成功の秘訣とは?

秘訣と言われると、僕にもわからない(苦笑)。敢えて言うなら、やはり情熱と、複雑なストーリーかな。ここ20年くらいの映像業界全体を見ると、ネット配信映画も入ってきて、時代も変わってきている。それで、本当に低予算でしか語れない物語か、超大作かどちらかが多く、その真ん中にある、非常に作家性の高い作品がなかなか世に出られないのが現状だ。

僕は、彼らを助けられる立場にあったことがすごくラッキーだったと思うし、実際にそういうストーリーを世の中に出すことができた。彼らの物語は本当に素晴らしいし、共に同じような感性を持つパートナーもいてくれるので、いいものを作れるんだと思う。ただ、僕もアカデミー賞を獲れたことには、驚いているよ。

プロフィール
ブラッド・ピット
1963年12月18日生まれ、アメリカ出身の俳優、プロデューサー。『テルマ&ルイーズ』(91)で注目され、『リバー・ランズ・スルー・イット』(92)、『インタビューウィズヴァンパイア』(94)、『セブン』(95)で人気を確立。『ベンジャミンバトン 数奇な人生』(08)と『マネーボール』(11)でアカデミー賞主演男優賞にノミネート。近作は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)。プロデューサーも務め、自身が率いる映画制作会社プランBエンターテインメントでは『ディパーテッド』(06)、『それでも夜は明ける』(13)、『ムーンライト』(16)の3本をアカデミー賞作品賞に導いた

場面写真=(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
(山崎伸子)

画像提供:マイナビニュース