TVアニメドメスティックな彼女』の次回予告に登場したコスプレイヤーの伊織もえと九条ねぎの二人による、『ドメスティックな彼女』24巻ならびに特装版発売を記念したお渡し会とチェキ撮影会が2019年9月21日(土)にアニメイト秋葉原にて開催。イベント開催前には囲み取材が行われた。

(左から)伊織もえ、九条ねぎ

 今回のイベントでは、伊織がダブルヒロイン姉妹の姉である橘陽菜、九条が妹の橘瑠衣になりきって登場。選んだ衣装は第4巻32話「ヒナの決意」の祭りのシーンの浴衣であった。この衣装を選んだ理由について、伊織は「ちょっとでも夏の気分を味わいたかったから」とコメント

 また、九条に声をかけた理由については、アニメ次回予告が体のパーツの一部を映すものだったことと関連しており、「お尻がきれいと言えばねぎちゃんだった。理由は完全にお尻だった」と言葉にした。それを聞いた九条は「よかった! お尻があって」と喜びを露わにする。九条はコスプレイヤーオタクで、今回、伊織から誘いがあったときも内容を聞かずに二つ返事でOKを出したという。

 囲み取材ではそれぞれのコスプレポイントについて触れる場面も。伊織は「あまり見えないけどお団子(ヘアー)。あとは、緑色の目を表現しようにも、あまり発色がよすぎると怖くなるので、ナチュラルな発色になるカラコン(カラーコンタクト)を選びました」、九条は「(瑠衣は)髪形がショートヘアだけどもふんわりしているので、それを表現しました。また、私はたれ目なので、つり目になるようメイクにしてもらいました」と、キャラクターへ近づくためのこだわりをアピールした。

 その他、自分自身は陽菜と瑠衣のどっちタイプか、という質問では、伊織が「どちらかといえば陽菜ねえタイプ。でも絶対に不倫はしない」、続けて九条が「自分の気持ちのまま生きている瑠衣ちゃんに共感できる。共感しすぎてアニメを観ていて泣きました」とコメント。伊織は「女性なら共感できる部分がひとつはある作品」と、女性目線から『ドメスティックな彼女』の魅力についても触れていた。

ドメスティックな彼女』24巻特装版は現在発売中。「PlayPic」で視聴できるTVアニメの本編映像袋とじVer. #7~9を収録、次回予告の映像を印刷したポストカードが付いてくる。価格は本体4,500円(税別)。

ドメスティックな彼女』24巻特装版
◆発売日:2019年9月12日
ISBN:978-4-06-515234-8
◆定価:本体4500円(税別)
◆新書判 192ページ
講談社

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。(https://cho-animedia.jp/cosplay/122507/)

 

ドメスティックな彼女』流石景(講談社より)