山人音楽祭 2019【榛名ステージ】 SPARK!!SOUND!!SHOW!!

初日の榛名ステージ、3組目は今年初出演のSPARK!!SOUND!!SHOW!!。下半身に響くような重心の低いビート。高音で彷徨うギターシンセの強烈なリフ。挑発的にも気だるげにも聞こえるボーカル。あえて鳴らされる不協和音――。冒頭3曲で早速観客のタガを外し、続々と踊らせていった。

ヒップホップサイケロックンロールメタルパンク etc.をかき混ぜたサウンドによるトランス感は、天井が低い榛名ステージの密室的な雰囲気と相性ぴったり。また、彼らの鳴らすミクスチャーサウンドからは、クラブライブハウスも関係なしに良いものは良いと、分け隔てなく群馬の文化を育ててきたG-FREAK FACTORYの精神と近いものを感じた。

タナカユーキ(Vo/Gt)が〈Fuck you baby, アイラブユー〉のフレーズを歌いながら観客の頭上を転がった「無愛愛」。フロアで2つのサークルが大回転した「SCAR」。チヨ(Ba/Cho)、タクマ(Key/Gt/Cho)が楽器の代わりにマイクを持ち、さながら3MCスタイルで臨む「感電!」では、タナカステージの天井によじ登ったりぶら下がったり、奔放な振る舞いを見せていた。というか、その状態でバッチリ歌えているのがすごい

壇上は相変わらずカオスなまま――いや、フロント3人が頻繁にフロアへ飛び込むから、もはやどこまでがステージなのかもよく分からないまま曲が進み、「南無」で終了。残響音を鳴らしっぱなしのまま、タナカ、チヨ、タクマが去っていくと、一人残ったイチロー(Dr/Cho)がビシッと締め、観客からの拍手を浴びた。

途中のMCによると、スサシとG-FREAK FACTORYはバンド同士繋がりがあったわけではなく、「いい感じにライブをやってたら面識ないけど呼んでくれました」とのこと。裏を返すとそれは、義理人情ではなく実力で声をかけられたということであり、おそらく、彼ら含めこのフェスにはそういうバンドも多いという意味だろう。タナカは「(G-FREAK FACTORYのことを)超信じて、引き続き楽しんでください」と観客に伝えていた。


文=蜂須賀ちなみ 撮影=かわどう

SPARK!!SOUND!!SHOW!!