cat3_e


 イギリスでは、過去何十年にもわたり、大型ネコ科と思われるミステリアスな生物の存在が噂されてきた。

 最初の目撃記録は1962年とあるが、実はもっと以前から目撃されているという情報もある。ピューマヒョウのような体型をしているその生物は、「エイリアン・ビッグ・キャット(通称ABC)」と呼ばれ、そのUMAは英国でも正式に認められている。

 近年では、カメラビデオ撮影を含む複数の目撃証言があり、専門家らの間でも調査をしてきたようだが、現在もその正体は依然未確認のままだ。

 地方によってはその存在は伝説化しており、時折各地でミステリアス大型ネコ科生物を目撃した人物が現れるとたちまちニュースで報じられる。

 専門家によると「ヒョウのようなネコ科の大型獣は、イギリス全土に150頭ほど生息している可能性が常にある」そうで、スコットランドのネス湖にあるネッシーよりも存在可能性率は高い。

 今回ある1組のカップルが、イギリスの東部で謎の大型ネコ科生物を目撃し、カメラに捉えた。

―あわせて読みたい―

英国内で話題のUMA「ビッグキャット」の存在を英政府が正式に認める
ヒョウ?オオヤマネコ?UMA?民家の周辺に出没し人々を恐怖に陥れていたネコ科の正体が明らかに(イギリス)
スイスで再導入された幻のヤマネコ、「ヨーロッパオオヤマネコ」の野生の姿をとらえた写真と生態系に関する話
マジかよ。イギリス全土で野生の黒ヒョウが多数出没しているらしい
体長1.2メートル!スコットランドの森で絶滅危惧種の巨大なヤマネコが発見される。


Couple claim to have spotted the FEN TIGER

ケンブリッジシャー州で目撃された大型ネコ科生物

 旅行でケンブリッジシャー州を訪れていた40代カップルは、滞在していたAirbnbから370メートルほど離れた草地に、ある生物がいるのを目撃した。

最初は、1日前に同じ野原で見た野生のホオジカかと思いました。でも、私の婚約者が大きな猫のように見えると言ったんです。

 カップルは、宿泊先の所有者が置いていたと思われる双眼鏡を部屋から掴み、再びその生物を見た後、カメラズーム機能を使い撮影を試みた。

cat1_e


ラブラドールよりも大きいサイズのUMA


 撮影された映像を見ると、その生物は確かにネコのように見える。全体がトラ猫のような感じだが、「イエネコではない雰囲気だった」とカップルは主張。

cat4_e


同じ場所で、前日にラブラドールを連れて歩いている人を見ましたが、この生物はラブラドールよりも大きく見えました。それに、怖そうで邪悪な顔をしていました。イエネコとは全く違う雰囲気で、首もがっしり太くて全体的に筋肉質でした。

 後にネットを検索したカップルは、似たようなネコ科生物が存在することを発見した。

 それは、イギリス全土では絶滅危惧種となっており、現在は最も希少な哺乳類とされるヤマネコで、ハイランドタイガーとも呼ばれている「スコティッシュ・ワイルドキャット(Scottish wildcat)」だ。

cat_e


絶滅危惧種のスコティッシュ・ワイルドキャットなのか?


 スコティッシュ・ワイルドキャット2018年の時点で、野生には35匹前後の生存が確認されている。トラ猫のような縞模様だが、イエネコの倍の大きさで毛が濃く尾が短いのが特徴だが、カップルの撮影した映像では、尻尾の長さまで確認することはできない。

 スコティッシュ・ワイルドキャットは、かつてイギリス全土で一般的に目撃されていたが、イングランド南部では16世紀に絶滅し、19世紀半ばまでにはウェールズや、イングランド北東部に生息地域が減少。

 更にそれ以降は、スコットランド西部と北部までにその範囲が激減し、1915年までにはスコットランド北西部のみの生息となっていることが調査で確認されている。

 つまり、もしカップルがケンブリッジシャー州で目撃したのがスコティッシュ・ワイルドキャットだとすれば、現在ではスコットランドのハイランド地方にしか見られない可能性が高いとされるだけに、それはそれで謎である。

 動画を閲覧した人の中には、「イエネコだろう」という声もあるようだが、果たしてこのネコ科生物がスコティッシュ・ワイルドキャットなのか、伝説のABCなのか、イエネコなのか…真実は、未だミステリーに包まれている。

References:CambridgeshireLiveなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282599.html
 

こちらもオススメ!

UMA未確認生物についての記事―

ネッシーは巨大ウナギかもしれない!?科学者による大規模調査で新たなる展開が(ニュージーランド研究)
これが噂のフクロウ男(オウルマン)なのか!?イギリスの墓地でツノと翼を持った謎の男性の姿がとらえられる
エイリアン、生まれました?ロシアからの映像とされる赤い目をもつ謎の白い生命体
ネス湖のDNA調査の結果の一部が発表される。科学者らは「ネッシーがいないとは断定できない」と意味深な発言
天界どうした?堕天使が落ちてきたと話題となっている動画(アメリカ)

―動画の紹介記事―

見てないっすよ!飼い主が食べているのをじっと見ていた犬だが、飼い主に見られると?
極度の干ばつで姿を現した約7,000年前のスペイン版ストーンヘンジ
あのUFO映像は本物だった!?機密指定解除で公開された未確認飛行物体は「本物」であると米海軍が認める
賞味期限切れのインスタントラーメン2000個を利用して、生まれてくる子供のためにプレイハウスを建てた男性(中国)
川底でトルネード旋風を巻き起こす!全長7メートル、巨大アナコンダ様のお通りでぃ!(ブラジル)※ヘビ出演中
ヒョウ?ヤマネコ?それともUMA?イギリスでミステリアスな大型ネコ科っぽい生物の姿がとらえられる。