準々決勝から1時間58分、世界24位メルテンスにストレート勝ち

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITCテニスセンター)」は21日、シングルス準決勝などを行い、世界ランク4位で第1シード大坂なおみ日清食品)は同24位エリーゼ・メルテンス(ベルギー)に6-4、6-1で勝利を収め、準優勝した昨年大会に続く決勝進出を決めた。20日の雨天順延により、この日は両者ともダブルヘッダー。準々決勝で同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)にストレート勝ちしたわずか1時間58分後に始まった試合で勝ち切った。

 メルテンスはアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)と組んだダブルスで全米オープンを制したばかりの難敵。大坂は一度だけ対戦した2017年にフルセットの末に敗れた相手だ。第1セットは序盤から互いにサービスキープする展開。3-3の第7ゲームでは、195キロと188キロの弾丸サーブを放ち、2連続でサービスエースを決めてキープした。

 互いに一歩も譲らない展開となり、5-4で迎えた第10ゲーム。メルテンスのサーブを大坂がリターンエース。世界トップクラスプレーに会場が沸くと、40-30から最後はネットに当たって相手コートにポトリ。初ブレークで接戦となった第1ゲームを6-4で先取した。

 第2セット、2-1で迎えた第4ゲームはラブゲームブレーク。190キロ台のサーブでリズムを掴み、着実にポイントを重ねていった。ミスでポイントを失えば、うつむく大坂を励ますように拍手が大きくなる。会場の大阪は3歳まで過ごした生まれ故郷。ホームファンの期待に応えた。

 18日の初戦は、世界ランク181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)にストレート勝ちした。20日の雨天順延により、この日、センターコート第1試合で同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に6-4、6-4の1時間46分でストレート勝ちした大坂は、同コート第3試合の準決勝も勝利。プティンツェワ戦では試合終了間際に相手が左足首を負傷し、大坂がタオルや水を持って駆け寄る気遣いを見せ、観衆から称賛の拍手が送られていた。

 22日の決勝は、同15位アンゲリク・ケルバードイツ)と同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)の勝者と対戦。5度目の本戦出場で16、18年準優勝の21歳が、1995年伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇を狙う。(THE ANSWER編集部)

2年連続の決勝進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】