USインターナショナルで2位から逆転V、米記者「シニアでキャリア最大の優勝」

 フィギュアスケートのUSインターナショナルは20日(日本時間21日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が161.20点をマークし、合計249.96点で優勝。米メディアは美しく決めた連続ジャンプの動画付きで「グレイトシーズンスタートだ、ケイジ!」と称賛した。

 田中がうれしい国際大会Vだ。米フィギュア専門メディアフィギュアケーターズオンライン」公式ツイッターは「ケイジ・タナカナイスな4回転サルコウ+2回転トーループコンビネーション」と美しく決めた連続ジャンプを動画付きで公開。その上で「グレイトシーズンスタートだ、ケイジ!」と称賛した。

 一方、米名物記者のジャッキーウォン氏はキャリア最大の戴冠になったとレポート。「ケイジ・タナカにとって、シニアのキャリアでは最も大きな優勝」とツイートし、「シニアでは過去2度勝っているが、いずれもCS(チャレンジャーシリーズ)に組み込まれる前のアジアオープンだった。さらに遡れば、2013年ジュニアグランプリで2度優勝している」と伝えた。

 昨季は全日本選手権で3位表彰台となったが、世界選手権は14位になるなど、不完全燃焼に終わったシーズン。米国の地で掴んだ優勝という結果を自信に変え、今季の躍進につなげたい。(THE ANSWER編集部)

田中刑事【写真:Getty Images】