9月20日放送の「A-Studio」(TBS系)にフットボールアワーゲスト出演。コンビの名を知らしめた「M-1グランプリ」について言及する場面があった。

【写真を見る】愛犬と一緒に旅行に出掛ける岩尾望

元々別のコンビで活動していた岩尾望と後藤輝基だが、それぞれのコンビ解散を経て1999年フットボールアワーを結成。2000年に「ABCお笑い新人グランプリ」の最優秀新人賞を獲得するなど、結成当初から存在感を示していた。

結成2年目の2001年には「M-1グランプリ」の決勝に進出を果たしたものの、最終決戦には進めず6位という結果に。

審査員を務めていた松本人志の評価は55点という厳しいもので、後藤は「ボロクソな点数で、ホンマもう辞めようかな思うたぐらい」とその時のショック振り返り、岩尾も「今までのすべてを否定されたような」と付け加えた。

その後「ネタの作り方を変えた」ことも功を奏し、「2002年に『おもしろい』って言われた」「うれしかったですね」と語る後藤。2002年大会で準優勝した2人は、2003年大会で見事M-1王者の座を射止めた。

放送終了後のSNS上には「M-1フットボールアワーは、2001年より2002年、さらに2003年と毎年おもしろくなっていったのを覚えてます」「M-1王者になったのがコンビ結成4年目だったことに驚き」などのメッセージが寄せられていた。

次回、10月4日(金)放送の「A-Studio」には、女優の夏帆がゲスト出演する予定。(ザテレビジョン

フットボールアワー後藤輝基