木とレジンで作られたアクセサリーが、心をファンタジー世界に連れて行ってくれる神秘的な美しさです。憧れのアイテムすごい

【動画】色んな角度から見てみた

 温かみのある木とクリスタルのようなブルーレジンの組み合わせが魅力的なアクセサリーで、シンプルデザインが想像をかき立てます。当たる光の角度によって、青の深みや細かいキラキラ、さらにオーロラのようなものまで見ることができ、見れば見るほど「きれい……!」としか言えなくなります。ずっと眺めていられそう……。

 そんな夢のアイテムを生み出したのは、「空のおなか屋」として活動するメケメケさん。今回の作品は「氷の棺」と名付けられ、特に色合いが本人としてもお気に入りとのこと。背景を変えた写真も公開していますが、やはりいろいろと見え方が変わるようで、実際に手に取って見たくなる作品となっています。

 メケメケさんはさまざまなウッドレジン作品を制作しており、いずれも美しく、一つ一つが手作りならではの味わい深さがあります。中には、クリスタルの中に白い雲が浮かんでいるような特徴的な作品も。

 Twitterでは国内外から「欲しい!」の声が集まっています。「氷の棺」は、11月16日~17日に東京ビッグサイト(東京・有明)で開催される「デザインフェスタ」で販売予定とのこと。また、一部の作品はイベント後などにハンドメイドマーケット「minne」で数量限定販売される予定なので、気になる方はメケメケさんのTwitterチェックするといいでしょう。

画像提供:メケメケ/「空のおなか屋」(@yashino_kokage)さん

すごい奇麗……