長崎、3戦連発の呉屋弾を守り切り上位京都に競り勝つ! 《J2》


明治安田生命J2リーグ第33節の4試合が21日に各地で行われた。

トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎(勝ち点47/11位)vs京都サンガF.C.(勝ち点55/4位)は、1-0で長崎が勝利した。

前節に6試合ぶり白星を飾った自動昇格圏内を目指す京都は、自陣から短いパスを繋ぎながらリズムを作る。

一方、18日に行われた第99回天皇杯ラウンド16でJ1のベガルタ仙台を破った長崎は、ボールを支配されつつもカウンターを狙って五分の試合展開を繰り広げる。

すると30分、左サイド深くから香川がクロスを配給。そのボールを玉田が頭でそらし、中央で待っていたエース呉屋が胸トラップから素早くシュートに持ち込む。これがネットを揺らし、長崎が1点リードで試合を折り返す。

追いかける京都は後半開始から攻勢を強め、72分にビッグチャンス。庄司がボックス手前から強烈なミドルシュートを打つも、GK富澤のファインセーブに阻まれる。そのこぼれ球に反応した一美が詰めるが、これも身体を投げ出したGK富澤に防がれてしまい、京都は同点に追いつくことができない。

後半、防戦が続いた長崎だが、最後までブロックを敷き、崩されることなくエースの1点を守り抜き、貴重な勝ち点3を手に入れた。

長崎はこれでリーグ戦5試合負けなし。呉屋は3試合連続となるゴールで今季20得点目を記録し、得点王争いの首位を走っている。

一方、自動昇格圏内を目指す京都は手痛い敗戦。明日の他会場の結果次第では、2つ順位を落とす可能性があり、立て直しがカギになりそうだ。

同日、タピック県総ひやごんスタジアムで開催予定だったFC琉球vsモンテディオ山形は、台風17号の影響により、延期に。代替日は、23日に決定している。

▽9/21(土)
アビスパ福岡 1-1 ファジアーノ岡山
ヴァンフォーレ甲府 1-1 アルビレックス新潟
V・ファーレン長崎 1-0 京都サンガF.C.
ツエーゲン金沢 1-0 レノファ山口FC

▽9/22(日)
《14:00》
水戸ホーリーホック vs FC岐阜
15:00
ジェフユナイテッド千葉 vs 徳島ヴォルティス
16:00
柏レイソル vs 愛媛FC
FC町田ゼルビア vs 横浜FC
《19:00
栃木SC vs 鹿児島ユナイテッドFC
大宮アルディージャ vs 東京ヴェルディ

▽9/23(月・祝)
《19:00
FC琉球 vs モンテディオ山形