エコ袋twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨今レジ袋有料化への流れが進んでいる。大手スーパーマーケットなどではすでに実施されており、コンビニエンスストアについても導入される可能性がある。

環境保護の観点から実施されている取り組みだが、レジ袋の代わりとなるエコバッグなどを用意せずにスーパーに立ち寄る人も多く、不満の声も。

■レジ袋有料化をどう思う?

そこで、しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,653名にレジ袋有料化について調査を実施。

結果、「賛成」と答えた人は47.1%。僅かな差ではあるが、反対派が上回る結果となった。今まで無料だったものが有料となることや、バッグを用意しなければならない煩雑さに拒否反応があるのかも。

関連記事:専業主婦の常識! スーパーにエコバッグを持っていくエコ以外の理由

■年代別に見ると傾向

レジ袋有料化に賛成する人を年代別に見ると傾向が出た。

20代~50代は賛成する人が4割程度と少ない。有職者の多いこの世代は、仕事帰りなどはエコバッグを用意することが難しい。また、コンビニに行く機会も多く、「レジ袋を有料にされてはたまらない」と考えている可能性がある。

一方60代は62.1%と割合が極めて高い。環境保全への意識が高いということだろうか。

■反対する人の意見は?

有料化に反対しているのは、30代男性のIさんだ。

「独身で料理ができないので、仕事帰りにスーパーコンビニに寄って惣菜や弁当を買うことが多い。当然仕事帰りなので、エコバッグなどは用意できないし、仕事用のかばんに入れるわけにもいかない。

結局レジ袋をもらっている状況ですけども、少々納得のいかないものを感じる。ましてコンビニも有料化なんて。環境も大事なのはわかりますが、我々の生活のことも考えてもらいたい」

■賛成の声も

一方賛成するのは60代女性のOさん。

レジ袋は一時的に持ち運びに使うだけのもので、すぐに捨ててしまう。しかも環境に良くないなら、使わない方向になるのは当然。

環境のことを考える意味でも、有料化するべきなのでは」

レジ袋有料化の波は確実に進んでいるが、反対している人も多い。また、コンビニエンスストア側も反対の声を上げているのが現状だ。このような声も、無視できないものだろう。

・合わせて読みたい→遠野なぎこ、女性店員を怒鳴る客に遭遇 「私も怖かった」と胸中語る

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国20代~60代の男女1,653名 (有効回答数)

コンビニにも導入の噂がある「レジ袋有料化」 その是非を聞いてみると…