東京ゲームショウ2019(TGS2019)のレノボ「Legion」ブースではイベントが盛りだくさんでした。大きなステージイベントとして、ベネット社長と社内にeスポーツ部がある5企業との対抗戦、Web番組「チャノマップ」から生まれたeスポーツチームAGP発足お披露目式、IZ*ONE所属の宮脇咲良さんとのゲーム対戦の3つを本稿でレポートします。
○Legionが次にサポートするのは「社会人

TGS2019で開催された、企業内にeスポーツ部がある5社とレノボジャパンベネット社長が戦う企業対抗戦「ベネット社長の挑戦状」。ベネット社長は過去にプレスへの挑戦イベント秋葉原企業対抗のイベントも行っています。

今回はバトルロワイヤルゲームPUBG」(通常のデスマッチではなく、何度死んでも蘇るWAR MODEを使用し、15分での最多キルまたは20キルで勝利、初期装備はARのみ)で3マッチを戦いました。

WAR MODEは初めから対戦エリアが小さいため、比較的短時間で楽しむことができるだけでなく、キルされても復活(リスポーン)可能なので競技とは異なる楽しみ方ができるようです。優勝はトータルキル数で株式会社イードとなり、賞品としてゲーミングPC「Legion Y540」が贈呈されました。

ベネット社長はLenovo Legionの活動コンセプトとあわせて「(eスポーツ普及のための)次のターゲット社会人」と掲げ、具体的には「社内eスポーツクラブ設立支援」、「参加企業50社を目標としたオンライントーナメント」の実施を発表しました。オンライントーナメントタイトル等、細かいことはまだ決定していないものの、2020年4月以降の「新人歓迎会シーズン」に行い、参加資格は「eスポーツ部員が4名以上在籍」という事です。

ゲーム好き2.5次元俳優によるゲームチームAGP発足

続いて行われたのが「AGP:Actors Gaming Project Powerd by チャノマップ on YouTube」のeスポーツチーム発足発表会。

eスポーツチームAGP」はゲームストリーマー育成型バラエティ「チャノマップ」のMCを努める伊藤陽佑氏が、独自の基準でゲーム好きの俳優を集め、東京・秋葉原ソフマップ2号館のeスポーツ施設「eSports STUDIO AKIBA」でゆるくゲームを行うというところからスタートしています。

メンバーは、ミュージカルテニスの王子様』や舞台『刀剣乱舞』おそ松さん』などで活躍している、2.5次元俳優とも呼ばれる若手俳優陣10名。AGPメンバーはそれぞれ背番号と担当カラーが割り当てられており、全員揃うとレインボーカラーになるとのこと。一方、全員揃ったことはまだなく「今回のステージが初対面」という方も。当日は等身大パネルも展示されました。

AGPメンバーPCゲームプレイしたことがないといい、LegionがAGPバックアップゲーミングノートPC「Legion Y540」だけでなく、マウスヘッドセットバックパックも贈呈されました。「今日だけ担当カラーは『Legionブルーで!』」(北村氏)。

Legionの活動趣旨を考えると、今回のTGSだけでなく他のイベントでもAGPメンバーが登場する機会がありそうです。また、今回のイベントでは多くの女性ファンが詰めかけていたので、新たな層がPCゲームに目を向けるきっかけになるかもしれません。

宮脇咲良さん(IZ*ONE)がTGS2019に降臨!

一般公開日には日韓合同アイドルグループIZ*ONE宮脇咲良さんがTGSに初登場。ステージを見たいファンが多数駆けつける人気ぶりを見せていました。

ゲーム好きの宮脇さんは、フォートナイトプレイ動画YouTubeに投稿しているほどの腕前で、今回のステージでもフォートナイトプレイ。初戦はベネット社長とコンビを組んでプレイし、最初にプレイヤーが少ないエリアを選択することで装備を整えたものの惜しいところで負けてしまいました。宮脇さんはフォートナイトのキモとなる建築もこなしていました。

2戦目からはあまりフォートナイトに慣れていないベネット社長と代わり、GameWith所属のストリーマーZelarl氏が参戦。Zelarl氏は宮脇さんを積極的にサポートし、「1キルしたらゲーミングPCプレゼントしてもらう」というミッションを最終対戦でクリア! 見事LegionのデスクトップPCを獲得していました。
(小林哲雄)

画像提供:マイナビニュース