辛さで汗をかける体づくりを

夏が過ぎて、もう熱中症の危険はなくなったと思ってはいませんか?でも、それは大間違い!秋や冬でも熱中症に陥る人は多いのです。とくに、普段から汗をかきにくい人は、寒暖の差への対応力が低いため、注意が必要です。

汗がかけない原因は、血行不良です。そんな困った体質を改善するためにおすすめしたい食品が、香味野菜や香辛料です。とくに、血行促進効果は抜群のショウガは一押しです。ショウガの辛味成分であるショウガオールは、血行を促進し、発汗を促す作用をもっています。ただし、生ではなく加熱されたもの、乾燥したものを。そのほうが、血行・発汗促進効果が高くなることがわかっているからです。

また、ネギ、ニンニクなどの香味野菜もおすすめです。ネギやニンニクのもつ刺激臭の成分であるアリシンには、高い血行促進効果があります。アリシンは、ショウガオールとは逆に、加熱しすぎると血行促進効果が薄れてしまうので注意してくださいね。そのため、生食、もしくは、サッと火を通す程度にしましょう。

カレー粉も発汗作用をもつ香辛料です。カレー粉には、食欲を増進して胃腸の働きを活発にする作用もあるため、胃腸の調子がすぐれないという人にもおすすめしたい香辛料です。

唐辛子の辛味成分、カプサイシンも発汗促進作用の高い成分です。ちなみに、カプサイシンやショウガオール、アリシンのすべてをあわせて摂れるキムチはおすすめです。ただし、カプサイシンは、発汗促進作用が強力なため、体を冷やしすぎてしまうこともあります。そのため、冷え性の人は量を控えめにしてくださいね

出典:『医者が教える熱中症対策

監修:管理栄養士 篠原絵里佳
ライター:楠田圭子

汗をかけない女子は要注意!秋や冬でも熱中症のリスクが?!