ロシア戦後に相手ロッカーで演じた行動に称賛「すべてはこれに尽きる

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕し、日本は開幕戦でロシアに30-10で白星発進した。ボーナスポイントを含め、勝ち点5を獲得して最高のスタートを切った日本だったが、試合後にリーチマイケル主将が相手ロッカーを訪問し、粋なプレゼントを贈ったことが話題を呼んでいる。ロシア協会公式ツイッターが実際の画像とともに紹介し、海外ファンに感動が広がっていたが、大会公式ツイッターも「すべてはこれに尽きる」と感銘を受けた様子でつづっている。

 日本のキャプテンが粋な行動をしていた。ロシア協会公式ツイッターが公開したのは2枚の画像だった。ロシア選手が多く居並んだロッカー。そんな中でリーチ主将が訪れ、1人の選手と握手を交わしている。相手は日本選手が選ぶ、マン・オブ・ザ・マッチとなったキリル・ゴロスニツキーだ。しかも、その左手には日本刀が渡されており、周りの選手も拍手で称えている。

 もう1枚の写真では笑顔で並んだ2ショットも。投稿では「ラグビーW杯2019日本代表キャプテンリーチマイケルが試合終了後、日本による対戦相手のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたキリル・ゴロスニツキーに日本の侍の刀をプレゼントした」と状況をレポート。勝って喜びに浸る一方で80分間、戦い抜いた相手選手への敬意を忘れず、粋なプレゼントまで贈っていたのだ。

 感動的な場面を目の当たりにした海外ファンも「これがラグビーのすべて!」「なんて素晴らしい!」と感激の声を上げていたが、大会公式ツイッターも反応した。これに引用する形で「全てはこれに尽きるピッチに立てば激しく戦い、ピッチを離れれば友だ」と記し、感銘を受けた様子だった。大会開幕の日にホスト国である日本が勝利以外にも光を浴びていた。(THE ANSWER編集部)

日本代表キャプテンのリーチ・マイケル【写真:AP】