<大相撲秋場所>◇十四日目◇21日◇東京・両国国技館

 前頭七枚目の琴恵光(佐渡ケ嶽)が前頭十三枚目・輝(高田川)を引き落とした直後、呼び出しのとったある行動にファンが「うらやましい反射神経だ」と反応した。

 下から激しく突いて出た輝が一気に土俵際まで押し込んだ次の瞬間、琴恵光の左からの引き落としが炸裂。輝は電車道での会心勝利が一転、激しく土俵下に転がり落ちた。

 AbemaTVで解説を務めた元幕内・北桜の式秀親方は「琴恵光は土俵際の魔術師。俵に足がついてからの回り込み、そこからの引き技が巧い」と琴恵光の特徴が出た一番であると話すと「身長のある輝が頭から前に出ていくことは大事」と敗れた輝を評価しながらも「ひざの曲がりが浅く、体勢が少し高かった」と勝負を分けたポイントを説明した。

 土俵下に落下した輝は、呼び出しに向かって一直線。慌てた様子の呼び出しが、力水の入った水桶を咄嗟に持ち上げ、花道の中ほどまで小走りで避難。かと思えば、懸賞を持って行司の元へ再び小走りするなど慌ただしい様子が映し出されると、視聴者からは「よく避けたw」「うらやましい反射神経だ」などといった声が上がっていた。

 今場所は行司が取組に巻き込まれるシーンが散見されており、「行司、受難」という言葉も度々使われている。

(C)AbemaTV
今場所は呼び出しも受難…水桶を持って花道まで一目散に「うらやましい反射神経」の声も