fire cover_e


 犬は飼い主の良き親友であり、忠誠心も深い。飼い主家族を危険から守ろうとした犬のニュースが伝えられると、心温かい気持ちになるが、今回アメリカのフロリダ州で起こった出来事は、あまりにも悲しい結末となった。

 ある日の夜中、突然自宅で火災が発生し、その危険を寝ている家族に知らせようと必死になって吠え続けた飼い犬が、逃げ遅れて命を失ったのだ。

 犬のおかげで、家族全員は無事に避難することができたが、一家は家だけでなく大切な飼い犬も失ってしまった。

 飼い主の男性は、犬が自分たちにしてくれたことに感謝しながらも、その命を救いきれなかった悔やみの言葉を口にした。

―あわせて読みたい―

火事に巻き込まれた飼い主を助けるためにパトカーを誘導して火事現場まで案内したお手柄犬(アメリカ)
犬のお母さんグッジョブ!火事からわが子を守るため9匹の子犬を土に埋めた母犬。全員無事救出される。(チリ)
火事に巻き込まれ意識不明の重体となっていた犬に人工呼吸をし、無事に助け出した消防士(アメリカ)
山火事で焼け落ちた家の跡地から離れず、いつまでも家を守ろうとしていた犬(アメリカ)
犬を救うため。火事で燃え盛る家の中に飛び込み助け出した飼い主男性(アメリカ)


'He was a good dog': Zippy alerts family, dies in house fire

屋根裏から発生した火災を、犬が飼い主家族に知らせる

 悲劇は、フロリダ州マナティ郡ブレイデントンにある一軒の民家で起こった。

 9月17日の夜中2時頃、レオリー・バトラーさんは自宅廊下に設置されてあった火災警報器が鳴っている音で目を覚ました。

 しかし警報器は、数回短く鳴った後、止まったという。

 この時一家に火災の危険を知らせたのは、飼っていたジャックラッセルテリアのジッピーだった。

fire6_e


 あっという間に炎が部屋を包み始め、家具が燃え、天井が飲み込まれそうになっている状態の中、ジッピーは家族が寝ているベッドからベッドへ素早く何度も行き来し、緊急事態を知らせた。

 そのおかげで眠っていた家族は目を覚まし、すぐさま外へ避難することができた。

ジッピー、家の中に取り残される

 しかし、子供2人と父親が外に避難したことを確認したレオリーさんは、ジッピーの姿がないことに気付いた。

 ジッピーが家の中に取り残された状態であると知り、レオリーさんは再び家の中へ入ろうとしたが、煙が高く炎の勢いも強かったために、ジッピーを助け出すことは叶わなかった。

 家が激しい炎に包まれている間、家族はなす術もなく、身動きもできずにただ悲鳴をあげて叫び続けていたという。

fire3_e


自らの命を犠牲にして家族を守ったヒーロー犬


 駆け付けたブレイデントン消防署により消化活動が行われ、炎は鎮火した。

 重要なのは、一家が全員無事に避難できたことだろう。しかし、家と思い出の品全てが燃え、飼い犬までも失ってしまった一家のショックはやはり大きい。


 レオリーさんは、後日メディアの取材でこのように話している。

ジッピーは、3~4年前に保護施設から引き取ったんです。いい犬でした。できる限りのことをして、自分たちを救おうとしてくれたのでしょう。

火事になった時、あまりにも炎が大きくて、私たちはどうすることもできませんでした。ただ、火が消えるのを待つしかなかったのです。消防隊員がジッピーを発見したのですが、煙をたくさん吸っていたようで、既に手遅れでした。

他の家族は全員無事でしたが、ジッピーだけ救ってやることができなかったことをとても残念に思います。


 レオリーさんの子供たちは、悲しみを堪えながら、自らを犠牲にして家族を守ってくれたジッピーの亡骸を埋めた。


 なお消防署によると、火は空調ユニット近くの屋根裏部屋から広がったとみられているが、どのようにして火災が発生したかということは、現在調査中とのことだ。

References:Fox13newsなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282685.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

子猫という存在感の重さ。じゃれあって前足が口に入っただけでネットが激震
お散歩中に再会。大好きなおばあちゃんを発見した犬の見せた猛ダッシュ、真っすぐな愛
「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)
見てないっすよ!飼い主が食べているのをじっと見ていた犬だが、飼い主に見られると?
数はちょっと減ったけど、相変わらず仲良く暮らしているよ!その後のゴールデンレトリバーと仲間たち

―知るの紹介記事―

繁殖を防ぐために遺伝子組み換えした蚊を野生に放ったところ、逆に野生種と混じってパワーアップした可能性(ブラジル)
冷戦時代、CIAの諜報員として活動していたスパイ鳩。上空からソ連の軍事機密を入手していた(アメリカ)
1996年のアメリカの子供たちに大人気だったお弁当セット。ランチボックスの世界
滝の上で立ち往生した一家、ボトルにSOSのメモを入れて川に流し望みを託したところ、無事救助される(アメリカ)
天然痘ウイルスを保管していたロシアの研究所で爆発事故が発生。バイオハザードの危険性は?
家族が就寝中に起きた突然の火事。自らの命を犠牲にして一家全員を火事から守った犬(アメリカ)