「来年は東京になってしまうかもしれないけど…」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITCテニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シード大坂なおみ日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝を果たした。大会5度目の本戦出場で1995年伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目となり、3歳まで過ごした故郷・大坂のファンに復活を印象付けた。

 表彰式での優勝スピーチは以下の通り。

 ◇ ◇ ◇

日本語で)こんにちは。ごめんなさい、ちょっと英語でやります(笑)

(英語で)とにかく生まれたこの町で優勝できたのは私にとって価値のあることです。皆さんの応援が本当に力をくれました。

日本語で)皆さん、なんか、競技見をに来て、本当にありがとうございます

(英語で)あっ、ごめんなさい。アナスタシアおめでとうございます。いいテニスをしてくれてありがとう。

 雨が降った中での大会でしたが、ボランティアの皆さん、本当にありがとうございます。大会に携わった人も開催してくれて本当にありがとうございました。

 本当にこの町を愛しています。来年は東京になってしまうのかもしれませんけど、また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

日本語で)ありがとうございます。(THE ANSWER編集部)

大会初優勝を飾った大坂なおみ【写真:Getty Images】