photo by Rob DiCaterino via flickr(CC BY 2.0)

◆業界紙「ゲームマシン」の歴史的アーカイブが公開!
 セガの『メガドライブミニ』2019年9月19日に発売になった。任天堂『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』SNK『NEOGEO mini』に続いての発売だ。来年の3月には、コナミデジタルエンタテインメントから『PCエンジン mini』の発売も控えている。

 この数年、古いゲームの復刻が活気づいている。そうした中、今年の6月にアミューズメント通信社が発行しているアミューズメント業界紙『ゲームマシン』のアーカイブが公開された。1974年から1982年PDFデータが6月に公開されて、9月には1983年から1984年データが追加されている。

 現在のゲームセンター文化の流れに繋がる、アミューズメントマシンについてのリアルタイムの情報がまとまっている。当時を知る上で貴重な資料と言える。

 過去のアミューズメント業界について知りたい場合は、同じくアミューズメント通信社が出している本『それは「ポン」から始まった-アーケードTVゲームの成り立ち』が非常に良書だ。黎明期の産業が、どのように勃興してきたか、そして現在巨人となった企業たちが、どのように成長してきたかが詳しく書かれている。2005年出版で、デジタル版が出そうな気配がないので、興味のある人は確保しておいた方がよいと思う。

1974年から1984年という時代
 さて、少し脇道にそれたが、『ゲームマシンアーカイブに戻ろう。まずは、1974年から1984年という時代が、どういった背景を持つ時代だったのかを確認する。この間に起きたことを、いくつかピックアップしてみよう。

 1974年は、時代を象徴する出来事が多く起きている。最も大きなものは、ウォータゲート事件により、ニクソン大統領が辞任したことだ。日本での文化史的なところでは、巨人の長嶋茂雄選手が引退したこと、『宇宙戦艦ヤマト』第1作が放映開始されたことになるだろう。

 続く1975年にはマイクロソフトが、翌年にはアップルコンピュータが創業している。1983年には、任天堂ファミリーコンピュータを発売して、デジタルの波が家庭にも一気に流れ込んだ。この時期にはインターネットも誕生している。総じて世の中がデジタルへと移行していった時期と言える。

 こうしたアナログからデジタルへ移り変わる時期が、1974年から1984年という時代だ。この激動の時期、特定の業界、それもデジタル産業と深く関わる業界がどのように変遷していったかを、『ゲームマシンアーカイブを通して辿ってみよう。

TVゲームの幕開け スペース・インベーダーを中心に見る黎明期
1974年

 それでは実際に、『ゲームマシンアーカイブを見ていこう。まず、創刊号である1974年8月10日第1号を見て目に付くのは、スロットマシーンを中心としたメダルゲームの情報が多いことだ。

 もう1つ特徴的なのは、ビデオゲーム機の仕組みについて解説してある記事があることだ。ブラウン管の画面に、どのように映像が映し出されるのかが解説されている。既にデジタルゲームを見慣れた世代の人間には当たり前のものだが、当時は目新しく多くの人が不思議に思っていたことが分かる。

 同年10月30日第9号の記事には、中村製作所(現:バンダイナムコエンターテインメントが『コンピュータ・アート ’74』というイベントに、アタリ社のゲームを出展したという囲み記事がある。記事では、1972年創業のアタリ社について解説しており、コンピュータゲームの黎明期を感じさせる。

 同年11月10日第10号では、『ゲーム機 輸入禁止の方向 警視庁の考え 破滅か発展か 岐路に立たされるゲームマシン業界』という巻頭特集がある。前後の号でも賭博、逮捕、暴力団という単語が散見あれ、当時の内情が伝わってくる。

1975年

 こうした状況は1975年も続く。それと共に、タイトーゲームスピードレースが好調である記事や、コナミ業の木馬の広告、任天堂、セガ・エンタープライゼス、中村製作所の名前などが確認できる。また、海外の動向についても紙面が割かれている。

1976年

 翌1976年にはフリッパー(ピンボール )の記事が多い。ザ・フーが発表したロックオペラアルバムトミーを映像化した映画が日本上陸したことが原因だ。同映画ではピンボールが出て来る。この時期、ピンボールの全国大会が開かれるなど、盛り上がっていた様子が記事になっている。

 また、9月15日第56号では、LSIを利用したテレビゲームの台頭に危機感を覚える記事が掲載されている。家庭のテレビゲームができるとなると、ゲームコーナーでお金を支払わなくなるのではという内容だ。また、この時期にアタリの『ブレイクアウト』の広告が繰り返し登場する。しかし、デジタルゲームがまだ主流ではないことは、他の多くの広告から分かる。

1977年

 1977年1月1日第63号の巻末はnamco 株式会社 中村製作所」の全面広告になっている。前年末までは「株式会社 中村製作所」の表記だった。1月15日第64号では「株式会社 中村製作所」の表記に戻る。翌2月1日第65号では、巻頭は「株式会社 中村製作所」、巻末は「namco 株式会社 中村製作所」と表記が混在する。

 こうした状況がしばらく続いたあと、4月15日第70号で『「遊び」をクリエイトする ナムコ 株式会社 中村製作所』という表記が登場する。子供時代によく見た『「遊び」をクリエイトする』というキャッチコピーがここで登場する。そして6月15日第74号で、社名を「株式会社 ナムコ」に変更したという記事が掲載される。

 またこの時期、テレビに接続するだけで使える、LSI(集積回路)を利用した業務用ゲームマシンの広告が出てくるようになる。この年の秋になると、喫茶店でよく見た、テーブル型のゲーム筐体の広告も見かけるようになる。

◆いよいよ登場した「スペースインベーダー
1978年

 1978年1月15日第87号の巻頭記事は『予想されるTVゲーム機の開発競争』というタイトルだ。アナログからデジタルへの本格的な移行が意識され始める。そして、ブロック崩し系のゲームサーカスサーカスが猛プッシュされている。その他、ブロック崩しゲームの広告が多数掲載されている。

 6月15日第98号には、任天堂レジャーシステムの「コンピューターオセロ」の広告や記事がある。その後も任天堂は怒濤の広告を出している。他の会社もオセロを出しており、多くの会社が、似たゲームを乱立させている様子がうかがえる。また、そうした新作の多くがテーブル形筐体になっているのが前年と違う点だ。

 そして、8月15日102号の1ページ目に、タイトーの『スペースインベーダー』の広告が登場する。ブロック崩しゲームの正統進化であり、のちに世界を席巻するゲームには「TV Game」という表記がわざわざ付けられていた。

 『スペースインベーダー』は同号16-17ページコーナー「話題のマシン」で取り上げられている。「まずアップライト型が発表になった」「カラフルバックスクリーンを使った、なかなかの傑作機である」と書かれている。

ゲームマシン1978年8月15日102号(ゲームマシンアーカイブより)

 9月15日104号の1ページ目には、テーブルタイプの『スペースインベーダー』の広告が掲載されている。「話題のマシン」のコーナーでは「発売待たれていたテーブルタイプ」として紹介される。

 11月1日107号の2ページ目に、『スペースインベーダー』の全面広告が掲載される。ヒットして乗りに乗っている様子がうかがえる。また年末にかけて模倣品が出始める。

1979年

 1979年になると、年初から麻雀ゲームの広告や記事が発見できる。また、花札やポーカーゲームも見られ、昨年に続いてデジタル化の波が来ていることが分かる。

 2月1日113号では、『世界的なインベーダーブーム』として巻頭に海外のAMショーの記事が掲載される。2ページ目にも『スペース・インベーダー独走』のタイトルが。圧倒的な『スペースインベーダーブームが起きていることが伝わってくる。

ゲームマシン1979年2月1日113号(ゲームマシンアーカイブより)

 4月15日第117号には、タイトーが大阪の二業者を相手に、不正競争防止法で製造販売の差し止めを求める仮処分申請をしたという記事が、巻頭に大きく掲載されている。その他にもインベーダー関連の記事が多く、社会現象となっている様子がよく分かる。6から7ページにかけては『インベーダーゲーム機総覧《製造許諾編》』として、多くのインベーダーゲームが掲載されている。

 5月15日119号にはインベーダーゲーム機総覧《非・製造許諾編――①》』6月1日号にはインベーダーゲーム機総覧《非・製造許諾編――②》』が掲載される。現在の基準で考えると、すごい特集だと思ってしまう。また、6月1日120号の巻頭は『全国各地で問題化 空前の「インベーダーブーム」で善悪両面』という記事となっている。

 翌6月15日第121号の巻頭タイトルは『インベーダーゲーム自粛宣言』。3ページにわたり全国各地の規制状況がまとめられている。また、『インベーダーゲーム機総覧《非・製造許諾編――③》』も掲載される。

 『スペースインベーダー』一色という感じの1979年だが、のちの時代に繋がるゲームも登場している。

 11月1日130号の「話題のマシン」には、『セガ社から画期的TVドライブ』として『モナコグランプリ』が取り上げられている。またソフトウェアの開発をいたします』という広告が登場しており目を引いた。

 この号の巻末には新発売として『ギャラクシアン』のカラー広告が掲載されている。翌11月15日131号で『ギャラクシアン』は「話題のマシン」に取り上げられており『画面が文句なく美しく、無数の星をバックカラフルな編隊が飛び交う』と絶賛されている。TVゲームカラーに移行するのがこの時期だということが分かる。

 また同号には『平安京エイリアン』の全面広告が掲載されている。『東大生のアイデアと全面協力のもとに独自の技術力を結集し、ここに登場!!』と謳い文句が踊る。ゲームソフトウェアの時代に突入したことが伝わってくる。

◆興味ある業界の「過去の業界紙」を読む
 自分が興味のある業界の、過去の業界紙を読むのは面白い。私自身も、ゲーム業界の末端にいて、古いゲームについての『レトロゲームファクトリー』という小説を書いている。こうしたアーカイブの公開は、非常に興奮する。

 当時の業界紙が、そのまま公開されているのは非常に貴重だ。『「ゲームマシン」アーカイブを公開するに当たって』というページに、公開の経緯がまとまっているので、興味がある人は目を通しておくとよいだろう。

 まとめられた本ではなく、当時のままの業界紙だからこその利点がある。それは業者向けの広告が載っていることだ。広告は、どの会社が勢いがあり、どの製品に力を入れていたかが如実に分かる。何がその時代のウリになっていたのか、何が画期的だったのかも伝わってくる。

 こうした過去の業界紙を、手軽にデジタルで読める機会はそうそうない。各号はページ数も少なく読みやすい。せっかく公開されているので、興味がある人は、是非読んでみることをおすすめする。

<文/柳井政和>

【柳井政和】
やない まさかず。クロノスクラウン合同会社の代表社員。ゲームアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社レトロゲームファクトリー』。

photo by Rob DiCaterino via flickr(CC BY 2.0)