大阪市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた

 オリックスは22日、安達了一内野手大阪市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた結果、右頬骨の打撲と診断されたと発表した。

 安達はこの日、京セラドームで行われたソフトバンク戦に「8番・遊撃」で出場。8回に四球で出塁して一塁走者となると、ソフトバンク6番手の武田の牽制球が右頬に直撃し、途中交代していた。(Full-Count編集部)

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】