宝くじ(TkKurikawa/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

宝くじなど何度買ってもまるで当たらないとボヤく人がいる一方で、2度も高額当選を果たしたという幸運な人もいる。「世の中は平等なんかじゃない」と言いたくなるような話題が伝えられた。

■2年前に2億円超をゲット

2017年7月、米国ニュージャージー州の州宝くじで2ミリオン・ドル(日本円にして2億1,500万円)を当てた、ニューアーク在住のフレディー・Rさんという男性。彼がこのほどまたしても高額当選を果たした。

前回は『プラチナダイヤモンド・スペクタキュラー』というスクラッチカードだったが、今回はクロスワードスクラッチに初めて挑戦し、見事に賞金25万ドル(約2,700万円)を当てたという。

関連記事:50年来の親友とともに買った宝くじ 1億6000万円で当選

■低迷期に入ったと感じたら…

宝くじの当選イベント会場に登場して名前を告げると、嬉しそうにボード型の黄色い小切手を受け取り、それを胸の前に掲げたフレディーさん。定年退職後のことを考え、賞金はとりあえず貯蓄に回すつもりだという。

そして彼は勝因についても語ってくれた。まるで当たらないと低迷期に入ったことを感じた彼は、そのくじに固執することをキッパリとやめ、かつて手にしたことのないタイプのくじに挑戦してみたとのこと。すると予想通り新たな運が開けたそうだ。

■3回も高額当選した夫婦

人生において高額宝くじに2度も当選する奇跡。こんな強運の持ち主は、じつはフレディーさんばかりではなかった。

カナダアルバータ州のバーバラダグラスフィンクさん夫妻は、1989年に友人との共同購入で日本円にして1,057万円を当て、2010年に夫婦で購入した宝くじが825万円に当選。2017年には驚くことに約6億7,300万円ゲットしていた。

この話題に世間からは、「神様なんて本当にいるのか」「世の中はやっぱり平等じゃない」と不満の声すら漏れていた。

■絶対に当ててみたい宝くじ

宝くじが当たるとやはり嬉しいもの。しらべぇ編集部では、全国20〜60代男女1,363名を対象に「もしも願いが叶うなら」について調査を実施した。すると「亡くなった人に会える」より、「宝くじが当たる」ことを望む人のほうが圧倒的に多いことがわかった。

宝くじか亡くなった人か裕福な人がめいっぱい買って当然のように当てるのもよい。だが無欲な人々がたった1枚の購入で高額当選を果たす例もじつに多い。宝くじとはやはり人生の最高の楽しみの1つといえそうだ。

・合わせて読みたい→生瀬勝久、宝くじ1等を当てていた その金額にスタジオ騒然

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年8月31日2018年9月3日 
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

宝くじで笑いが止まらない男 2億円当てた2年後にまた高額当選