味方の負傷で前半19分から緊急出場 3点ビハインドの後半25分に得点演出も勝利ならず

 スペイン1部マジョルカは、現地時間22日にリーグ第5節でヘタフェと対戦。前半7分にセットプレーからオウンゴールで失点し、ガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババとスペイン人MFサルバ・セビルが立て続けに負傷するハプニングのなか、日本代表MF久保建英は前半19分から緊急出場となった。3点ビハインドの後半25分に移籍後初アシストで反撃の狼煙をあげると、チームはさらに1点を返して盛り返したが、終了間際に追加点を奪われて2-4で敗れた。

 敵地に乗り込んだマジョルカは、久保が3試合連続でベンチスタートとなったなか、序盤から目まぐるしく試合が動く。

 前半7分、ヘタフェのコーナーキックブロックに飛んだガーナ人MFイドリス・ババの体に当たってコースが変わり、まさかのオウンゴールで失点。さらに、前半14分にDFのA・ババ、その3分後にはMFセビルが立て続けに接触プレーで負傷し、交代を余儀なくされる。

 ビセンテ・モレノ監督は、この緊急事態に久保とガーナ代表DFルーマー・アグベニューを投入。久保は右サイドハーフに入ったが、チームは嫌な流れを変えられず、前半33分にPKで2点目を献上。急遽ピッチ立った久保も思うようにボールに触れず、2点ビハインドで前半を折り返す。

 後半に入ると、久保が徐々に攻撃に絡み始める。4分、右サイドからのFKのキッカーを務めると、後半10分にはペナルティーエリア手前右でボールを受け、反転から素早く左足シュートを放つも相手のブロックに遭い、得点には結びつかなかった。

 後半18分にゴール前の混戦から3点目を失ったなか、同25分に久保が意地を見せる。右サイドから左足でゴール前にピンポイントクロスを上げると、クロアチア人FWアンテ・ブディミルがヘディンシュートで合わせ、ゴールネットを揺らして1点を返した。

 このプレーで勢いづいたマジョルカは、後半32分に再びブディミルがゴールを決めて1点差に詰め寄ったが、同39分にヘタフェに4点目を奪われて万事休す。久保のリーガアシストも実らず、2-4で敗れた。(Football ZONE web編集部)

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】