リーガ・エスパニョーラ第5節が22日に行われ、日本代表FW久保建英が所属するマジョルカがアウェイでヘタフェと対戦した。

 試合は7分、コーナキックからオウンゴールでヘタフェが先制点を奪う。その後、19分にはサルバ・セビージャが負傷を訴え、交代で久保がピッチに送られた。ところが、マジョルカは33分にPKから失点し、2点のビハインドを背負ってしまう。

 後半に入ると3失点目を喫し、マジョルカは3点のリードを許すが、70分に久保が魅せる。右サイドボールを受けると左足でインスイングのクロスを供給。これをアンテ・ブディミルが頭で合わせ1点を返した。久保にとってこれがリーガアシストとなった。

 さらに77分、スローインからブディミルがニアでゴールへ押し込み、この日2点目をマーク。マジョルカが1点差に詰め寄った。しかし、84分にはアンジェル・ロドリゲスゴールを奪われてしまう。

 試合はこのまま4-2で終了。マジョルカは開幕5試合を消化し、1勝1分3敗となっている。次節は24日、アトレティコ・マドリードホームで対戦する。

スコア
ヘタフェ 4-2 マジョルカ

【得点者】
7分 1-0 オウンゴール
33分 2-0 ホルヘ・モリーナ(ヘタフェ/PK)
63分 3-0 アラン・ニョム(ヘタフェ)
70分 3-1 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
77分 3-2 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
84分 4-2 アンヘルロドリゲス(ヘタフェ)

[写真]=Getty Images