3人の中学生が謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会い、無理矢理尻子玉を奪われてカッパに変身させられてしまう!元の姿に戻るためにはゾンビ尻子玉を奪わなければならないー。

浅草を舞台に少年たちはつながり合い、尻子玉を奪うことに奮闘する。人間の「つながり」と「欲望」を描く幾原監督の『さらざんまい』。

浅草周辺をはじめ合羽橋や隅田川、東京スカイツリー周辺など聖地巡礼に行ってきました!



浅草へ行くには?

今回は渋谷駅から銀座線に乗り浅草駅に向けて出発。乗車時間は35分程度で片道240円でした。

銀座線だと乗り換える必要が無いので、とっても簡単に行くことが出来ました!

にじめん編集部 巡礼リストPART2

・雷門
・浅草花やしき周辺
・雷5656会館
・かっぱ橋本通り
・胡瓜繁盛 カッパ広場
・「ラッキー自撮り占い」に映るオブジェ
・レオマブが勤務する交番

雷門




銀座線を降り、改札を出て1番出口から約1分。

オープニングや1話のプロローグに出てくる雷門。平日でしたが、観光客も含めて沢山の人で賑わっていました!

浅草花やしき周辺




こちらは、雷門商店街を真っ直ぐ進んで辿り着く"浅草寺"の裏手にあります。

2話で一稀と悠がニャンタローを追いかけてやってきた花やしき。「カップル限定ラブラブBee忍者まつり」の看板はありませんでした!




こちらは花やしきを正面に、右側の道に入るとすぐにあります。

8話で燕太と誓が話しながら通った場所です!




玲央と真武(レオマブ)が、誓を狙っていたヤクザを撃った場所です!

雷5656会館




こちらは花やしきを正面に、右側の道を真っ直ぐ進むと辿り着きます。

5話でサラの握手会が行われた会場。5・6階に大きなホールがあり、下の階には茶屋やおみやげ売場があります!

かっぱ橋本通り




先程の道を戻り、花やしきを背にして突き進むとかっぱ橋道具街通りに出てます。更に南に進むと、横断歩道を渡る途中でスカイツリーが見えます。

オープニングエンディングに出てくる景色そのままです!

胡瓜繁盛 カッパ広場






更に南に進むと到着!

ケッピのモデル元となった金色の像「かっぱ河太郎」がいました!ケッピはとても可愛らしいですが、現実のかっぱ像はリアルでした。




こちらは、かっぱ河太郎の正面です。

悠が一稀に斬りかかる場面で使用されています!

「ラッキー自撮り占い」に映るオブジェ




更に南に進むと、黒髪の女性?のオブジェが沢山付いている街灯を見つけました。※上記画像左下

このオブジェの太眉や髪型が、どことなくサラのマスコット化した姿に似ていますね。

レオマブが勤務する交番




アニメで登場する世界の食器・調理器具「川ウソ」の隣に位置する交番はありませんでしたが、隣接するビルの形やかっぱ橋道具街の入り口など、周辺に似ている箇所を見つけました。



またレオマブが勤務する交番の外観は、雷門の隣にある雷門交番と似ていました!

交通費・移動

東京メトロ銀座線・浅草行】
渋谷駅」→「浅草駅」約35分

片道料金:240円(ICカード237円)

今回、『さらざんまい』の聖地である浅草周辺を14ヶ所を4時間ほどで回ることができました。実際に舞台となった場所を見ることができて、とても感動しました。本作のファンなら感動すること間違いなし!

巡礼時、曇り空でしたが作品内で見るのと違った風景を見ることが出来て良かったです!天候が悪くても曇りになったときはこんな感じになるのかと妄想するのも一つの楽しみ方だと思いました。

モデルとなった場所を巡るのはもちろん、屋台での食べ歩き・人力車・浅草雷門通り商店街・東京スカイツリーなど付近にも沢山の魅力がある街ですので、巡礼と一緒にお楽しみ下さい!

最後に、作者や作品に迷惑が掛からないよう聖地巡礼マナーを守って楽しみましょう!

PART1はこちらから

関連記事
さらざんまい』が"サラッ"と舞台化決定!一稀・悠・燕太の主人公3人組やレオマブのキャストも公開!

サンリオプロデュース!『さらざんまい』の限定グッズが手に入るレトロな雰囲気のコラボカフェOPEN
『さらざんまい』の聖地巡礼に行ってきました!尻子玉が抜かれるシーンなどの名場面と共に振り返るPART2