EL初戦でプレミア強豪に0-3完敗、ホーム無敗記録も「16」でストップ

 フランクフルトUEFAヨーロッパリーグ(EL)のホームゲームで、抜群の力を発揮してきていた。昨季の準決勝ではプレミアリーグの強豪チェルシーにも1-1の引き分け。常に4万7000人の大声援をバックに、選手は最大限の力を出し切り、戦い抜いてきた。

 だが、記録はいつか途絶えてしまう。今季のグループステージ初戦となったアーセナル戦を0-3で落とし、ホームでの無敗記録も「16」でストップした。

 試合後、長谷部は「結果だけ見れば完敗でしたし、試合内容を見れば、もちろん自分たちにも大きなチャンスはあった」と振り返る。前半押し気味で試合を進めていたことを考えると、得点機をものにしていたら、また別の展開になったかもしれない。それだけに「1.5軍くらいの、ローテーションしながらって感じでしたけど、アーセナルは試合巧者だった。最後決めるって、点では相手のほうが間違いなく上だった」と、要所をしっかりと締めてきた相手のしたたかさを素直に認めていた。

 クラブの代表取締役を務めるフレディ・ボビッチ氏は、この日チームが抱えていた問題点を指摘していた。

ゲーム中の幸運が少しなかった。だが、このレベルではトップパフォーマンスを出せなければならない」

 昨季のELの試合で、いつも見られていた飢餓感のようなものが少し欠けていたのだろうか。長谷部もその点について言及していた。昨季ファイナリストのアーセナルとの対戦に、チームとしての気負いみたいなものはあったのかという記者の質問に対して、「いや、特にはないですね。逆になんか、少しフワッと(試合に)入った感じがあった。そういうところは自分たちがもっと試合に気持ちを持っていく、もっともっと集中していかないとだと思うし、そのへんが足りなかったなって思いますけどね」と、ピシャリと答えていた。

 この日もスタジアムは超満員、試合前のゴール裏には壮大なコレオが掲げられた。プレーオフを突破して辿り着いた欧州の舞台。だが、そんなファンの思いを受け止めてプレーするだけの心の準備が各選手にできていたのか。まだ若いから、あるいは新加入だから、という言葉だけで片づけるわけにはいかないところだ。

長谷部アーセナル相手にも見せた、攻守両面の“洗練された動き”

 長谷部はこの日も、緩急をつけた長短のパスで攻撃を組み立てていた。相手が守ろうとしている先を見ていて、ポジションを飛ばしたパスをどんどん展開。そして状況によって無理はせずに、近くの味方に当ててからもらい直すなど、キープと素早い攻撃とのスイッチを切り替えていた。

 守備でもアーセナルスピードある攻撃陣に対して、抜群のタイミングとポジショニングで相手に突破するためのコースを与えない。前半30分には、後ろからのパスを受けたアーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが素早いターンから一気にドリブルへ入ろうとしたが、その動きを完全に読み切った長谷部はスッと身体を入れてボールを奪い取ってしまった。その一連の動きは、非常に洗練されている。

 それでも、それがチームの勝利に結びつかないとなれば、満足したりはしない。

「こういう時、チームが苦しい時に自分がどれだけやれるのか。組み立てもそうだし、失点しないっていうところができるかっていうのは、後ろの選手としては、もう少しやっていかないとなっていうふうには思います」

 チームが3失点を喫したことも、無得点で終わったことも、自分がもう少し何かできたことがあったのではないかと長谷部は考える。そうした個人としての取り組みも、フランクフルトの選手それぞれがしていかなければならないのは間違いない。

 一方でチームとしての構造に関してはどうだろう。試合後にアディ・ヒュッター監督は「(失点を)DFのせいにするのは簡単すぎる。あまりに前へ急ぎすぎてしまったのかもしれない」と振り返り、3失点を喫した守備の問題を、チーム全体の攻守のバランスが上手くとれていなかった点に見ている。

 確かにこのアーセナル戦では、ボールを奪われた後のポジショニングとアプローチが中途半端になり、ボールを奪い返すどころか、相手に危険なカウンターを許す場面も少なくなかった。ボール奪取能力が高く、プレスの担い手でもあるMFセバスティアン・ローデが負傷で離脱しているなか、どのように守備組織を構築するのかが重要なポイントとなっている。

 新加入のアンドレシルバとバス・ドストの両FWがチームになじむのには時間が必要だが、守備の修正は早急に必要なところだろう。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】