white buffalo HYUGA PRO実行委員会は、WSL QSシリーズサーフィン国際大会「white buffalo HYUGA PRO」を2019年10月16日(水)~10月20日(日)に宮崎県日向市お倉ヶ浜海水浴」にて開催する。
第4回を迎える今回は、国内最高グレードである女子QS3000に加え、男子QS1000の同時開催が決定。女子はチャンピオンシップツアー(以下CT)初参戦をかけた日本人選手と海外強豪選手の熾烈なポイント争いがシーズン終盤までもつれこんでおり、その熱い戦いは見逃せない。一方、男子は10代の強豪選手が続々エントリーし、ネクストジェネレーション達が激突する大会として注目が集まる。
2019シーズン最後の国内開催である国際大会開催地は、昨年同様に九州有数のサーフタウンである宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」。試合は全日とも観戦料無料。

女子サーフィン国際大会 「white buffalo HYUGA PRO QS3000」

2020東京五輪・新種目「サーフィン」として注目が集まるなか開催される「white buffalo HYUGA PRO QS3000」には、先日2019ISAワールドサーフィンゲームス(以下、WSG)でアジア最高位となり、オリンピック出場が有力視される、松田詩野(17歳)や2020シーズンにCT参戦も期待される都筑有夢路(18歳)、脇田紗良(16歳)、前田マヒナ(21歳)など日本人トップサーファー達が参戦予定。ほか、NAMINORI JAPAN強化指定A選手の川合美乃里(18歳)や2018ISAワールドサーフィンゲームス、日本人最高位、黒川日菜子(23歳)など世界を転戦する日本人選手達がQS3000ポイントを目指し、宮崎・日向に集結する。

海外選手たちは、オーストラリアアメリカヨーロッパから強豪選手たちがエントリーをしている。中でも注目は、2016年CT参戦していた、元CTライダーチェルシー・トワァーク(BAR/23歳/WSL QSランキング9位)やジュニア世代で頭角を現し、初のCT入りを目指すアリッサ・スペンサーUSA/16歳/WSL QSランキング7位)やキラ・ピンカートン(USA/16歳/WSL QSランキング15位)など、世界のトップサーファーに加え、CT入りを目指す若手選手たちが優勝を目指す!!※WSL QSランキングに関しては、9/17時点の順位過去3大会はいずれも海外トップサーファー勢が優勝を手にしているが、今シーズン日本人女子選手はQSランクトップ20に3名、名を連ねており、本大会初となる日本人サーファー優勝に期待が高まる。

 大会期間には、初日終了後WSL JAPANセロリ株式会社の主催による、ビーチクリーン活動も予定されており、多くの選手たちが参加する。他にも会場ではトップサーファーたちのサイン会や記念撮影、大会協賛スポンサーによるプレゼント企画など、来場者が楽しめるイベントも毎日開催する予定。

男子サーフィン国際大会 「white buffalo HYUGA PRO QS1000」

今年初開催となる男子WQS「white buffalo HYUGA PRO QS1000」には、10代を中心としたネクストジェネレーションが数多くエントリー。その中に先日、2019ISA WSGでファイナリストとなり、アジア最高位となった村上舜(22歳)が参戦を表明。また、WSGで村上と熱い戦いを繰り広げ、実力十分のインドネシア代表 和井田理央(19歳)が優勝を目指す。

そんなトップ選手たちを迎え撃つジュニア勢は、2018年ISAワールドジュニアサーフィンゲームスで優勝を成し遂げた、上山キアヌ久里朱(18歳)や2018WSL Jr「ジープワールドジュニアチャンピオンシップ」準優勝の安室丈(18歳)など実力のある10代サーファーがエントリー。ジュニアからシニアへ国際大会への本格参戦を前に頭角を現すニューヒーローとなれるのか?本大会での活躍に注目が集まる。

WSL(ワールド・サーフィン・リーグ)について

世界中で開催されるプロサーフィンツアーを運営する組織。主要拠点をアメリカカリフォルニア州サンタモニカとし、ニューヨークにも支局を設置。アメリカの他に、日本、オーストラリアフランス南アフリカブラジルハワイ、南カリフォルニアにもオフィスを構え、世界中のプロサーファーの大会を運営。

競技サーフィンについて

競技人口は、現在世界で約1億2000万人にのぼると言われ、直近10年間でサーフィン人口が50%以上拡大している人気のスポーツです。2020年東京五輪より追加新種目入りし、競技としての注目度がますます高まっています。
サーフィンには、ワールド・サーフ・リーグ(以下、WSL)が運営する、世界ランキングを決めるワールドツアーがあり、世界チャンピオンを決める「チャンピオンシップツアー(以下、CT)」と、「クオリファイ・シリーズ(以下、QS)」という2つのカテゴリーで構成されています。男子・女子サーフィンの「QS」シリーズは、獲得ポイント・賞金を基準に10001500、3000、6000、10000グレードに分かれ、上位カテゴリーであるCTツアー参戦の権利となるポイントシーズン終盤の12月まで競い合う。
2019年現在、アジア人女子サーファーでいまだCTツアーに参戦を果たした選手は出てきていない。

WSLサーフィン国際大会×SHIBUYA109にてイベント開催決定!
「white buffalo HYUGA PRO」の大会期間に東京から宮崎へ向けエールを送る!! 

本大会協賛スポンサーである株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは、宮崎県日向市で開催される「white buffalo HYUGA PRO」大会期間中である10月19日(土)に、世界の強豪選手と闘うサーファーたちへエールを送るイベントを開催する。渋谷の象徴である「SHIBUYA109店頭イベントスペース[COCO SPACE](東京都渋谷区)では、大会の中継映像を観戦いただけるほか、競技サーフィンルールを簡単に伝えるパネル展示など、2020東京五輪の開催を来年に控え、新種目「サーフィン」に対する知識を深め、日本人選手を知ってもらう場としてイベント活用する。
イベント中は、限定200名に大会協賛スポンサーよりプレゼント配布する催しも開催。

white buffaloについて

本大会はwhite buffalo HYUGA PRO実行委員会の株式会社ケイズプロジェクトが展開するインディアンジュエリーブランドwhite buffalo」が特別協賛として冠スポンサーとなっています。
 white buffaloは、日本でデザインし、アメリカニューメキシコ州に居住するナパホ族の手で一つ一つ手作りされているジュエリーブランドアメリカネバダ州で採掘される鉱石の中に”ホワイトバッファロー”と呼ばれる、インディアンの間では「奇跡を呼ぶ石」と伝えられる希少な白い石があり、その天然石を用いたジュエリーを中心に構成しています。

大会概要

・大会名
white buffalo HYUGA PRO
・開催期間
2019年10月16日(水)〜10月20日(日)
・開催時間
7:0016:00 ※天候により変更有
・開催会場
宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」
カテゴリー/出場者数/賞金総額
Women’s Qualifying Series 3000 / Short Boad 64名 / 約385万円(US$35,000)
Men’s Qualifying Series 1000 / Short Boad 64名 / 約50万円(US$5,000)

・主催
WORLD SURF LEAGUE
・特別協賛
white buffalo ※株式会社ケイズプロジェクト
・協賛
ミズノ株式会社
森永製菓株式会社
株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
instax “チェキ” ※富士フイルムイメージングシステム株式会社
セロリ株式会社
FIJI Water
株式会社ピーチジョン
BILLABONG
株式会社トボガン
株式会社あくがれ蒸留所
その他、複数社 ※順不同
・協力
宮崎県
日向市
・後援
スポーツニッポン
CS放送 スカイA
SURFIN’ LIFE
WAVAL
・放送配信
LIVE配信「スポーツ ブル」
サーフィンドキュメンタリー「CS放送 スカイA / 配信 GYAO!