台風17号午前9時に温帯低気圧に変わりましたが、今後も勢力を保ったまま日本海を北東に進み、北日本を通って24日朝には千島近海へ進む見込みです。

西日本の大雨や暴風のピークは過ぎていますが、山陰の海上では23日昼過ぎにかけて大しけとなるでしょう。うねりを伴った高波に警戒してください。また、低気圧が近づいている北陸や北日本では23日夜遅くにかけて暴風や高波に警戒し、東北北部や北海道を中心に大雨にも十分お気をつけください。

一方、温帯低気圧に変わったことで強い風の吹く範囲が広がっており、台風から離れている東海や関東甲信でも日中は強風に注意が必要です。北日本では北海道を中心に、24日にかけて風の強い状態が続く見込みですので、低気圧が通過した後も強風や高波には気をつけていただきたいと思います。

また、今週は台風が運んできた暖かい空気によって、日本列島は季節外れの暑さに見舞われるでしょう。本格的な秋はもう少し先になりそうです。

気象予報士・佐藤 温子)

9月23日(月)午後9時頃の雨と風の予想