ロサンゼルス9月22日(日)に行われた第71回エミー賞。本年度の注目は何と言っても史上最多32ノミネートを果たした『ゲーム・オブ・スローンズ』が最後にいくつのトロフィーを持ち帰るかだったが、先日のクリエイティブ・アーツ賞での10冠に続いて、このプライムタイムエミー賞でも作品賞を含む2冠を達成し、合計で12部門を受賞した(作品賞、助演男優賞、キャスティング賞、衣装賞、メインタイトルデザイン賞、メイクアップ賞、作曲賞、編集賞、音響編集賞、音響効果賞、視覚効果賞、スタント・コーディネート賞)。12冠は第68回で同作が達成したのと並ぶ史上タイ記録。ティリオン・ラニスター役のピーター・ディンレイジは助演男優賞を4度受賞した史上初めての俳優となった。

今年2月に開催された第91回アカデミー賞のように司会者不在で行われた今回は、冒頭のスピーチを担当したブライアン・クランストン(『ブレイキング・バッド』)をはじめ、歴代の受賞者やノミネート経験者を含む豪華な顔ぶれが次々とプレゼンターとして登場する華やかな内容に。『ストレンジャー・シングス 未知の世界』『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』といった注目作がノミネート対象外となった一方で、様々な作品が受賞を分け合う多様性にあふれたセレモニーとなった。ドラマ部門主演男優賞に輝いたビリー・ポーター(『POSE』)を筆頭に、感動的なスピーチもいくつも飛び出したので、見逃した方はぜひ再放送ダイジェスト版を見てほしい。エミーダイジェスト版はFOXチャンネルにて本日23日(日)23:00より放送。28日(土)22:00より字幕版が放送される。

■作品賞
『ベター・コールソウル
『ボディガード -守るべきもの-』
ゲーム・オブ・スローンズ』★
キリング・イヴ/Killing Eve
『オザークへようこそ』
POSE』
キング・オブ・メディア
THIS IS US/ディス・イズ・アス』

■主演男優賞
ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』
スターリング・K・ブラウンTHIS IS US/ディス・イズ・アス』
キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ
ボブ・オデンカーク『ベター・コールソウル
ビリー・ポーター『POSE』★
マイロ・ヴィンティミリアTHIS IS US/ディス・イズ・アス』

■主演女優賞
エミリアクラークゲーム・オブ・スローンズ
ジョディ・カマー『キリング・イヴ/Killing Eve』★
ヴィオラ・デイヴィス『殺人を無罪にする方法』
ローラ・リニー『オザークへようこそ』
マンディ・ムーアTHIS IS US/ディス・イズ・アス』
サンドラ・オー『キリング・イヴ/Killing Eve
ロビンライトハウス・オブ・カード 野望の階段』

■助演男優賞
アルフィーアレンゲーム・オブ・スローンズ
ジョナサンバンクス『ベター・コールソウル
ニコライ・コスター=ワルドー『ゲーム・オブ・スローンズ
ピーター・ディンレイジゲーム・オブ・スローンズ』★
ジャンカルロ・エスポジート『ベター・コールソウル
マイケル・ケリー『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
クリス・サリヴァンTHIS IS US/ディス・イズ・アス』

■助演女優賞
グウェンドリン・クリスティー『ゲーム・オブ・スローンズ
ジュリアガーナー『オザークへようこそ』★
レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ
フィオナショウキリング・イヴ/Killing Eve
ソフィーターナーゲーム・オブ・スローンズ
メイジー・ウィリアムズゲーム・オブ・スローンズ

■監督賞
デヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイス『ゲーム・オブ・スローンズ
デヴィッド・ナッター『ゲーム・オブ・スローンズ
ミゲル・サポチニク『ゲーム・オブ・スローンズ
リーザ・ブリュールマンキリング・イヴ/Killing Eve
ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』★

■脚本賞
ピーター・グールドトーマス・シュノーズ『ベター・コールソウル
ジェド・マーキュリオ『ボディガード -守るべきもの-』
デヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイス『ゲーム・オブ・スローンズ
エメラルド・フェネル『キリング・イヴ/Killing Eve
ジェシー・アームストロング『キング・オブ・メディア』★
ブルースミラー&キラ・スナイダーハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

海外ドラマNAVI

Photo:

ゲーム・オブ・スローンズ
(C)Helen Sloan/HBO