プレミアリーグ第6節、チェルシーリヴァプールビッグゲームがスタンフォードブリッジで行われた。

結果は1-2でリヴァプールが勝利。Optaによれば、イングランドトップリーグ史上初めて、2シーズン連続で開幕6連勝を達成したチームになったとか。 

先制点を決めたのは、トレントアレクサンダー=アーノルド。前半14分にブチ込んだ圧巻シュートがこれだ(動画10秒~)。

いい位置で得たフリーキックの場面。モハメド・サラーが動かしたボールを至近距離から確実に叩き込んでみせた。『BBC』によれば、試合後にはこう述べていたそう。

トレントアレクサンダー=アーノルドリヴァプールDF)

「僕らにとってとても大きい(勝利だ)ね。

当初はHendo(ジョーダン・ヘンダーソン)がフリーキックを蹴りたがったけれど、彼には距離が近すぎると思った。

壁の上を狙うには近すぎると思ったので、GKのほうに行かなくてはいけなかった。

うまく転がして、ハードに打とうとしたよ」

距離が近かったために、壁を外してからゴールを狙ったそうで、まさに狙い通りのプレーだったようだ。

アーノルド、チェルシー戦でぶち込んだ「壁ずらしフリーキック」がこれ