ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)が8日に最終回を迎えた。

 最終回の平均視聴率は19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ここ数年の連ドラとしては非常に高く、『日曜ドラマ』枠として最高視聴率を記録したが、最終放送後、視聴者からは不満の声が殺到した。

 「最終回直前までは、ネット上でもさまざまな考察が出るなど、半ば社会現象レベルの盛り上がりを見せていた本作ですが、最終回では、予想通り過ぎて誰も予想が付かなかった結末が描かれ、視聴者からブーイングが殺到。黒幕である黒島(西野七瀬)が殺人をし続けた理由も、“殺人衝動を抱えたサイコパスだった”というなんの深みもない単純なものだったこともあり、不満の声が多く寄せられてしまいました」(芸能ライター)

 秋元康氏企画・原案である本作。秋元氏と言えば、17年にも企画・原案を担当したドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)が放送されたが、この2作品を比較する声も多く聞かれている。実は、『愛してたって、秘密はある。』は、最終回直後に『本当の完結編』として、有料動画サイトHulu」に誘導し、大炎上。『あなたの番です』でも、黒島の過去編Huluで配信したが、「『あなたの番です』のほうが悪質」といった声が上がっているという。

 「約半年に渡って毎週欠かさず視聴し続けてきたのにも関わらず、最後の最後で振るい落とされたと感じた視聴者も少なくなかったようで、『視聴者ないがしろにするのもいい加減にして』『半年掛けてHuluの宣伝かよ』という呆れ声が多く聞かれました。伏線回収がHuluというところまでは『愛してたって、秘密はある。』と一緒ですが、『あなたの番です』は2クール連続作。結末まで半年掛かっただけに、落胆が大きかったようです。また、『愛してたって、秘密はある。』は福士蒼汰演じる主人公二重人格が黒幕というオチでしたが、『あなたの番です』では、秋元氏がプロデュースする乃木坂46の元メンバーである西野が黒幕。必然的に出演シーンは増え、注目が集まったものの、演技力不足がたびたび指摘されていました。このことから、『黒島ちゃんが黒幕だったのは西野を売りたかっただけでは?』『ずっとフラグが立って目立ってた人を普通そのまま犯人にするとかありえない』という声が殺到。企画・原案の秋元氏が西野を売るためにこうした展開にしたのでは、との不信感を生んでしまいました」(同)

 多くの人が注目していたからこそ、この結末に『裏切られた』と感じた視聴者も少なくなかったようだ――。

秋元康氏