写真提供: Gettyimages

 先日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナに所属するギニアビサウ人FWアンス・ファティがボルシア・ドルトムント戦に出場。同クラブ史上最年少でのCL出場を果たした。

 そんなファティは現在16歳。CL歴代最年少得点記録を更新する可能性を残している。そこで今回はCL歴代最年少得点記録の上位人の選手たちが記録を残した後、どれだけの成績を収めたのか振り返っていく。


写真提供: Gettyimages

5位 マーティン・クレイン(スパルタ・プラハ

記録:17歳240

2001/2002シーズンのCLグループステージパナシナイコス戦でゴールを決めたDFマーティン・クレイン。現在も彼の名を知る人は限られた人だけだろう。

CLで得点を決めた後、目立った活躍を見せることは出来ず、2009年にはチェコ代表に招集されたものの代表キャップは1試合のみ。またCLの出場はその年以来、遠ざかっている。

ちなみに現在も35歳になったクレインは現役を続けており、チェコ3部のラコブニークに所属している。


写真提供: Gettyimages

4位 セスク・ファブレガスアーセナル

記録:17歳218

現在、モナコプレーする元スペイン代表MFセスク17歳218日でCL初得点を決めた後もアーセナルバルセロナチェルシーで活躍。

スペイン代表としても2008年2012年EURO大会や2010年FIFAワールドカップ優勝に貢献した。


写真提供: Gettyimages

3位 ボージャン・クルキッチ(バルセロナ

記録:17歳217

カンテラ時代900ゴールを決めNEXTメッシとも言われていたボージャン2008年ジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナの監督に就任すると出場機会が激減し、様々なクラブを渡り歩いた。

その後、移籍先のクラブでも安定した出場機会を得ることは出来ず、今夏ストーク・シティとの契約を解消。現在ではMLSのモントリオール・インパクトに所属している。


写真提供: Gettyimages

2位 マテオ・コバチッチ(ディナモ・ザグレブ)

記録:17歳215

現在、チェルシーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ2011/2012シーズンのCLオリンピック・リヨン戦でゴールを決め、17歳215日に得点記録を保持している。

その後は2013年インテルに移籍。2015年にはレアル・マドリードへ移籍。順調にステップアップしていったが、マドリードでスタメンを勝ち取るまでは行けず。2018年夏にチェルシーレンタル移籍すると、今夏同クラブが完全移籍を発表した。

 


写真:@ChampionsLeague

1位 ピーター・オフォーリ・クエイ(オリンピアコス)

記録:17歳194日

CL歴代最年少得点記録保持者は当時オリンピアコスに所属していたガーナ人FWピーター・オフォーリ・クエイ。1997/1998シーズンのCLローゼンボリ戦で記録した。

その後は、ガーナ代表としてアフリカネイションズカップに出場。さらにCLでも合計3ゴールを決めるなど活躍を見せたが才能は開花せず。2003年にオリンピアコスを退団した。

その後はガーナギリシャイスラエルなどのクラブを転々とし、2012年に現役を引退している。